読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅先で充電が切れたとき『乾電池式充電器以外』で携帯をフル充電にまで持っていく方法(2012/3/30更新)

人気記事

旅先で充電が切れたとき『乾電池式充電器以外』で携帯をフル充電にまで持っていく方法
(2012/3/30最終更新)


◆まず携帯電話のAC充電器を持っている場合
マクドナルド 予算100円〜

お手軽なのがマクドナルドでの充電!!
パソコン専用コンセントのところもありますが、携帯電話の充電を許可しているところもあります。
詳しくは下記サイトを参考に!!
マクドナルドforモバイル】
http://mac.af-e.net/


・漫画喫茶/ネットカフェ 予算300円〜
次にどこにでもあるのが漫画喫茶・ネットカフェ
寝泊りしている方の多いネットカフェ
もちろん充電用コンセント用意してありますよ!!


・カラオケ 予算300円〜
意外と見落としがちなのが、カラオケボックスです。
実はここも寝泊りできますし、コンセント常備のところが多いんです。
椅子は長椅子がほとんどなので、ネットカフェと違って横になれるスペースも広いです。
漫画喫茶が見つからない場合はお試しあれ


・喫茶ルノアール 予算600円〜
関東限定ですが、喫茶ルノアールは全ての店舗で電源を貸してくれます。
店舗によっては充電器も有!!
その他電源のあるカフェを探すなら【ハックスペース】
http://hack-space.com/


ロッテリア 予算150円〜
2006年からロッテリアにも電源が入るようになりました。
2006年以降に改築/新築した店舗にはコンセントが付いているそうですよ。

・ケンタッキー 予算300円〜
確立は低いのですが、一部店舗でコンセントが常備されているそうです。
狙い目としては大型店舗のようです。


・新幹線 予算 数千円〜
N700系新幹線のぞみ・ひかりにて客車の端に顧客用コンセント
を発見しました。



・新幹線待合室
新幹線の待合室のカウンターの椅子に顧客用コンセントを発見
!!

東海道線豊橋駅にて確認)


・夜行電車 予算 数千円
特定の夜行電車には洗面台に備え付けのコンセントがあります

シェーバー用とは思いますが、特に記述が無い場合には緊急用として活用してくれそうです。

ムーンライトながらで確認


・夜行バス 予算4500円〜
特定の夜行バスには座席になんとコンセントが付いてます。

※京王/名鉄が経営する新宿〜名古屋間にて確認しました。全車両についているわけではないそうです。


・※その他のサービス業
基本的にどんなサービス業でも、丁寧に頼むと電源を貸してくれる事が多いようです。

◆充電器が無い場合

ドコモショップ 予算 無料!
ドコモショップでは必ず携帯充電を受け付けてくれます。

専用の充電スタンドが備え付けられています。
もちろん充電器用意の必要もありません。

・漫画喫茶 予算300円
かなりの確立でコイン充電器が置いてあります。緊急時は使えますよ。

・カラオケ 予算300円
漫画喫茶同様、コイン充電器があります。

 
シガーソケット充電器がある場合

・レンタカー 予算 2500円〜
もしAC充電器が無くて、シガーソケット充電器があり、移動する必要がある場合
裏技的ですが現地でレンタカーを借りて移動しながら充電という技があります。


・タクシー 予算 710円〜
タクシー移動の時、運転手さんにお願いすると、だいたいシガーソケットを使わせてもらえます。

◆番外知識編
携帯充電のソケットですがdocomoソフトバンクは形が共通。メーカー保証はありませんが問題なく充電可能です。

AUは独自規格なので残念ながら自力で探すしかありません。

◆蛇足
私がよく使っている方法ですが
純正バッテリーを余分にもう一個持ち歩いています。
昔は高かったのですが、最近は新機種のバッテリーでもネットオークションで2000円以内で購入できます。
バッテリーを持ち歩く最大のメリットは荷物が少ない事です。

私はいつも旅行中は「ACアダプター」「シガーソケット充電器」「乾電池式充電器」を全て持ち歩いていますが
結局フル充電済みバッテリーが一番楽ですし、軽いし、安心感が違います。
しかもサイズが小さいので、リュックサックのスペースも確保できます。
実はこれが一番お勧めだったりします。


当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。