どこから書いたらいいんだろうねぇ

初めての人に高次脳機能障害の話をするのは
とても難しい。

ほとんどの人は「それって多かれ少なかれ、誰にでもあるんじゃあ?」という感想をもたれるようで
こちらも、う〜ん、まぁそうですねとしか答えようが無い。

ただ、実際の話、それが[多かれ少なかれ]のレベルで起きる程度なら
それは障害とは言わないわけで、ただの物忘れのレベルなんだと思う。

鬱気質と病的な欝が別物なように
物忘れだって
病的な物忘れというのは、おそらく常人の理解を完全に超えている。


一般的な人は1〜3歳程度の頃の記憶はないと思うのだけど
高次脳機能障害の人の記憶力はだいたい2〜3歳程度だと思う。
つまり、高次脳機能障害の人に、昨日は何処に行きましたか?と訪ねるのは
2歳の子どもに、昨日何をしたの?と聞くようなものだ。

一般人が1〜3歳の頃の事を、うまく思い出せないように
我々の記憶も酷く曖昧で、つかみ所が無い。
さらに記憶が曖昧な場合、脳が自動補正を行うのだが
これが誤動作をすると、記憶を勝手に作り変える事がある。
ゆえに、自分の記憶が全くあてにならないという、とんでもない状態で
わたしは社会生活を送っている。
※当時の記憶を正確に記録するブログをつけることにしたのだ。



感情の抑制も、その頃の1〜3歳と同じく、非常にコントロールが難しく
下手に押さえつけると、あっさりプッツンするので
常時ガス抜きをしていないといけない。
キレると子どものような怒り方をするらしい(苦笑)



基本的に、私は自分の病気の話をするのは嫌いだ。
勝手に同情されるのもごめんだ。
病気=不幸だと思われているようだが、俺はたぶん他の誰よりも幸福に生きてる自信があるし
それを否定されている気分になる。
病気=不幸ではなく、病気=不便なだけである。

どこの世界に、部屋が2階で階段があるからと同情する人がいるのか?
それが仮に5階であろうと10階になろうと、そこに住んでる住民にとって
そこは幸せな空間であり、同情されるのは正直嬉しくもなんとも無い。


そういった、病人を善人の不幸者扱いして、勝手にドラマ作るのもやめていただきたい。
俺は悪人だし幸福だし、自分勝手で、たぶん嫌な奴だ。
だから、みんなもっと俺を憎めばいいと思うよ。

なんだ、この変な結論は(苦笑)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。