せどりと言っても色々とあるわけで

最近の連中はせどりブックオフで購入してアマゾンで売る
という発想しかないようだが

元々は古書店を回って、古書店で売るのがせどりと言われた。
店舗も倉庫も必要なく、購入したものを即座に捌けるのが利点だ。

俺は直接お客様から探索依頼を受けて、古書店を回るスタイル。
実際のプレミア価格とは違い、お客様が探している本を、手間賃を貰って探す。
ちゃんと営業すれば、結構なお客様が注文してくれるものだ。
もちろん、プレミア本をみつけて確保したりもする。

俺は決して「せどり排除」では無いが
せどりのアマゾン依存状態は避けないといけないし
ブックオフ依存もやめたほうがいい。
ともかく、複数の仕入ルート、販売ルートをもっていないと
いまの時代、いつ何が変化するかわからないし、ついていけなくなる。


現状、販売の75%がアマゾン、10%がヤフオク、10%は手売だ。
残り5%は業者に譲ったり、その他諸々。
やはりアマゾンの力は強いなと思うが
アマゾンだけじゃなくても、やっていく事は出来る。


もっと自分でアイデアを捻って、それで金を稼いだほうがいい。
過去の連中の成功話は、話が大きくなっているだけだ。
自分ができなくったって、それで落ち込む事もない。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。