チーム半月仕掛けて仕損じあり 〜コミック演劇というジャンル〜

ここ数日、ともかく激務というか仕事と私事がスケジュールみっちりで
パニック状態でした。いやはや大変だこりゃ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チーム半月仕掛けて仕損じあり

さおりさんの舞台、仕掛けて仕損じありを観劇に行きました。
正直いうと、友達がこの舞台を観たがっていたので
ついていったというのが本当のところではないでしょうか(苦笑)
たぶん1人ならいかなかった。


みていて思ったのだが
最近の演劇には、いまのテレビドラマの元となるリアリズムの新劇とは明らかに違う
コミック(漫画)演劇というものが存在するのではないかと思った。
もちろんコミック演劇というのは私の造語だが
ようは漫画的、漫画を基本としてそれを実写化した演劇です。
これは明らかにリアリズム新劇とは違う。
かといって旧劇とも違う。

現実を写実しようというリアリズムにたいし
漫画を実写しようとするコミックが存在しているのは間違いない。
これは小さい違いのようでいて、そのじつ、全くの別物だと感じる。
単純に彼らには自分達の存在を「主張」しようという意志がみられないので私には今まで全く感じなかったが(苦笑)
いわゆるオタク文化と演劇が合わさった、コスプレ的演劇であろう。
どうせそこまでするのなら、もっとそれを極めればいいのにとは思うが。

そのコミック演劇だが、はっきりいってまだとても完成されたものとは言い難い。

漫画自体が現実に寄ってきているので実写化しやすいが
この演劇そのものが、まだまだ未熟で観劇に耐えられるものは少ないと思う。



前置きが長くなったが
この半月の芝居、仕掛けて〜は明らかに名探偵コナンの模倣であろう。
主催者には申し訳ないが、私は一度もこの漫画もアニメも見たことがない。
なので、どこがどういうパロディか全く分からぬ(苦笑)
CM、周辺の話などで見かけた程度の知識なので
大半の笑いは、見逃している。

それでも、小技的なやり取りの笑いは面白かった。

話はよく分からなかった(苦笑)
あまりにも露骨すぎる博士をみて、出てきて即座に裏切る事も分かったし
逆になんでクレオパトラだのナポレオンだの出てくるのか意味が分からなかった。
漫画で出演しているんだろうか?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆長澤主水 和泉秀輔

通販の紹介みたいだった。
いいのかあれで?
他のお客さんもついていけてなかった感じだが。

◆長澤勘太郎 来住野裕樹

個人的に上手いと思っている。
演技自体は普通の演技で、特に目立つ事をしないのだが
そういった演技が出来る人のほうが少ない。
特にこの芝居の中では、大半がキャラクター演技になってしまっており
非常に目立つ存在だった。

◆範田蘭々 清家明日見
申し訳ないが、基本的な事として声がでかすぎる。
小劇場なので、声がでかいのは逆に耳障り。
中、大箱ならあれでもいいが。

渡良瀬川コナン 谷真里子
キャラクター演技としては合格じゃないだろうか?
ああいうのをヒーロー演技ともいうが。
ようはアクション芝居などで使う演技。
分かりやすいが深い演技は出来ない。

◆海原愛 済賀未央
バカねの繰り返しだったので演技的にはよくわからなかったが
以前にみた芝居と比べれば遥かによくなっている。

◆香住博士 安藤俊昭
演出の問題かもしれないが、MDを受け取る時
ちょっと露骨過ぎ。

◆九能新一 渡辺拓人
笑った。出落ちではあるけど、今回一番面白かった。
いやそれでいいのかチーム半月(笑)

クレオパトラ 山中狸沙
う〜ん、なんか勿体無い使い方。
イメージもクレオパトラという感じではない。
なんか、キッツい女王様って感じ。

ヤマトタケル 淡水竜也
セリフが少なかったのでよく分からないが
突っ込みのタイミングが適切で、芝居をうまく支えていたという印象。

◆ナポレオン 光永翔太
評価しずらいなぁ(苦笑)
あくまでもツッコミがいるから面白いボケという感じ。
この三名がなんでいるのかも正直よくわからなかったし。

◆リァ・D・ゾーン さおり
ある意味、ロボットにした事で、演技的な角が目立たなくなり
アクションが綺麗に見える。
このキャストは正解だったと思う。
個人的な演出の好みの問題だが、最後に息子が抱きついた時
驚いた顔はいらなかったかも。
全くの無表情か、もしくは母親の微笑みでボキボキボキっとやってしまったほうが
インパクトはむしろ大きかったんじゃないかと思う。

◆ヨバン三世 中村崇智
・・・・・・・いるの?このキャラ?
それとも、こういうキャラなの?
そういえば俺、ルパン三世も、ちゃんと見た事ねぇや。

◆長澤麗香,上田桜子
よく分からないが、下手ではない。
でも上手いかっていうと・・・印象が薄いんだよねこの人。
あくまでもストーリーを作るうえでの構成員的な感じがある。




とりあえず、一度も見たことがない俺でも知っているフレーズ
身体は子ども、頭は大人
・・・・・これ、逆な人が多いなぁ←人の事いえるのかおめぇは。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。