来月から一ヶ月だけ

知人が倒れ、来月から一ヶ月だけ、しかも3時間だけ
某仕事の補助者として勤める事になりました。


いやだなぁ、不安だなぁ、給料安いなぁ(苦笑)

とはいえ、諸事情により断れないのであきらめて一ヶ月だけという契約を結びました。
しかも
「勤務時間はこっちで勝手に決めて働く(定時なんて一切、守らない)」
「自動車通勤は譲らない」
という、とんでもない希望を押し付けた結果


・・・・・通ってしまいまして・・・・・(それがダメだと言われた事を理由にバイト断ろうとしてた)


なんか、特例でOKが出ちゃった。
なんでこんな要求が通ったんだろ。フレックスタイム制度でもないのに。


しかも周囲に
「園田さんは、こちらからお願いして来てもらうんだから、失礼のないように」
とか
「仕事してもらえるだけありがたいと思ってね。」
とか言ってるらしい。

まぁ・・・・難癖つけて辞めたろうと思ってる俺が言うのも何なんですが
いいんですかそんな待遇で・・・。



あくまでも倒れた人が復帰するまで(もしくは交代要員が見つかるまで)
というはなしなので先方から
「もし○○さん(倒れた人)が復帰できそうなら、早めにバイトを切り上げる事になっちゃいそうですが、よろしいですか」
との質問に
「大歓迎です!」
という超失礼な回答をする私


もうね、明日にでも○○さん、帰ってこいよ!と言いたい私←そんなに会社勤めが嫌かお前は。



高次脳機能障害というハードルを負ってからというもの
ほとんど他人の下で仕事した事ないんですよ俺は。
いつもお山の大将だったから。
いつも好きな時間に出社して、勝手に切り上げて帰る人だったんで。

まぁ、定時を守らないと大きく言ったものの、内心小心者の私は
目覚まし時計を新調してしまいました。
朝、ちゃんと起きれるかどうか、そこから心配です。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。