買取査定額の基準(園田流)

人の買取査定を高い高いと言っておきながら
自分の買取基準を無視するのってよくないので

うちの買取査定の簡単なマニュアルを書きましょう。
本来はここは商売の肝の部分なので、詳細には書きません。


まず、買取基準の最高は
・流通価格の50%
で、最低は
・流通価格の5%
です。


これはほぼ、どこの古物商も長年やっているところはこんなもんだと思います。
仮に、超人気商品を50%で仕入れたとしても、大半は手数料や保管料、人件費で飛んでしまいますので
うちはこれ以上は出しません。
たとえ1万円で売れたとしても、5000円を仕入れとし
1500円がアマゾン手数料、配送や保管料、人件費が500円として
3000円の利益しか出ません。
しかも古本買取は中身が損壊しているリスク、売れ残るリスクを取らなければいけないので
3000円ではほとんど利益ないといえます。
(店で購入したものと違って、中身が汚れていたなどでお客に返金を求めたり出来ませんしね)
なので、この買取の仕方は一定の基準を満たしている事が条件になります。
・うちで購入し、買取もうちでやってくれる常連客、そして高額の人気本
・うちが専門に扱っている書籍、もしくは私が個人的に読みたい本
この2点に限定しています。
前者はよくある基準、後者は私が独自に決めるものです。
自分が読みたい本が売れるかどうかは分かりませんが
そういう本は人気が高い事も多いので、多少赤字を覚悟でもやっています。



逆に5%は単価の低い商品です。
いわゆる1円本は利益が100円程度なので1冊5円ぐらいで買取る事になるでしょう。
これも95%が利益なので大儲けかと思ったらそうでもないです。
1円本は、1円単価の本の出品数が1〜2点程度なら即座に売れるものの
これが1000点もあれば見向きもされません。
なので、買取は美品に限定し、汚れている1円本には基本的に値段は付けません。


で、あくまでもこれを基本的な基準とし
あとは臨機応変(というか適当)に対応しています。
1000円流通の本であれば100円か200円か・・・それは状態や人気度で
自分で決めていけばいいと思います。


〜買取りで、やってはいけない事があります〜
お客様が出された本を、全否定する事です。
本のラインナップは、いわばお客様の思想、感情、道徳を表しています。
なので
「これはどれも値段になりませんなぁ〜〜ゴミです」
という扱いは、お客様のリピートを止めてしまいます。
買取であっても、あくまでもお客様、接待をするつもりで対応しましょう。

高額の本が出てきた時は誉める、価格が下落してしまった本は説明する。
そうした配慮は客商売として重要な事だと思います。



と・・・ここまで書いておいてなんですが
私がブログでこういった情報を提供した時というのは
大半が、実は別の裏技がございます。
それは教えません。最初に書いたように商売の肝なので。
上に書いた方式は、あくまでも1点ずつ査定する時の買取方式で
うちの現在の査定の1割程度しかつかっていません。
それは長く買取りをやっていくうちに、気が付く事だと思いますが
あくまでも自分で模索してください。

仕事において最も重要な事は
技術を学ぶ事じゃありません。

技術を盗む事です。

ネットで検索するのはかまいませんが、それをヒントに
自分なりに工夫して対応するのがいいと思います。


こんな時代に起業するのは大変な事ですが
こんな時代に起業する事には、大きな価値があります。
一人が個人事業主で食っていけるようになれば、雇用をひとつ自分の力で生み出した事になります。
それは、とてもすごい事だと思います。

がんばってください。
私の情報は小出しにしかしませんが、役に立つ事を祈っています。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。