バッティングセンターと距離感覚

久々の高次脳機能障害ネタ。

事故を負って、すぐに身体を動かせという事で
バッティングセンターに行った(8年ぐらい前の話ですが)のですが
当時、距離感覚が全く消失してしまった私は
3ゲームやって、4〜5回しかバットに当てられず
悔し涙に暮れながら、帰宅した事を思い出しました。


今日、近所にバッティングセンターに行き、リベンジ。

最初の10球ほど、まったくカスリもしない。

むむむむむ・・・っと握る手に力がこもり・・・うん?



子供用バットだった(苦笑)

私は野球のルールなんて全く分からないので、バットの長さすら理解できていないんです。

慌てて大人用に切り替えたら、一発目でいきなりホームラン直撃!!
その後も7割以上が正確に当たり、2割はファール、1割はストライクといった感じ。

「・・・なんだ、当たるじゃねぇか」
と呟いたら、後ろで見学してたカップルに少し笑われたみたい(苦笑)
速度を75キロから90キロに変えてみましたが、問題なくあたり
何発かはホームラン方向にすっ飛んでいきました。


距離感覚が戻ったかというと、実はそんな事は全然なくて
いまだに物の立体感というものがよく分かりません。
3DSとか見せてもらって、知り合いに「すげーだろ」と言われても
ほとんど理解できておらず(苦笑)

う〜ん・・・立体・・・なのかなぁ?という程度です。


俺が芝居においてアクションの稽古はしていても
アクションやらせろと言わないのは、間合いがよく分からんからです。
たぶん、当ててしまう。


正直、なんでちゃんと当たるのか、よく分かっていません(苦笑)
ただ距離感覚がはっきりしなくても
物体(野球ボール)が視界に入り、それが徐々に移動(下に)そして加速度が増してくるのは
なんとなく分かります。
それをギリギリまで引き寄せて、あとはバットを強引に胴斬りの要領でぶっ叩いているだけです。

う〜ん・・・・昔やった野球テレビゲームの要領でしょうか?
もちろんスピードは違うはずなんですけど。


昔やった時は、ボールが全く見えていなくて
見えないどころか、ガンガン自分の身体にも当たっていたので
(これってデッドボールじゃないの?)
いったいどうした事かと悩みましたが、まぁとりあえず今はなんとか
出来るようなので、ちょっと自信を取り戻しました。


・・・まぁいまだに野球のルールすら知らないんですけどね。
当てて、走って、点数が入るっていう事ぐらい?(苦笑)オフサイドはサッカーだっけ?←サッカーのルールも知らない人



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。