読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon「Kindle」日本語対応版 発売 

れんぽんさんが書いていたが

アマゾンのキンドルがついに発売になる。
そして古本屋への影響も心配で色々と情報を探るのだが

Kindleストア」の日本語書籍は、5万冊超(約1万冊は無料書籍)、英語・その他言語での書籍が140万冊。

なんだ、こんなものなのか・・・と。

たしかに5万冊超の本をデータ化するのは大変な事だとは思うけど

じゃあ仮にアマゾンの本ランキング5万位を引っ張り出してみると
相当人気商品が出てくるはずだ。
逆にいえば、大半の商品はデータ化されていない事になる。

私の所感ではたぶんキンドルの影響が
多大にでるのは新刊書店だろうなぁと。
金額的にも、古本の値段を考えると顧客層がかぶるとはあまり思えないし
人気で見ても、古本でアマゾンランク5万位ってのは正直なかなか入手が難しい。
うちが入手する本って80万とか100万なんていう、ランクが悪くててなかなか売れない本のほうが多い。
まぁ、そういった本の方が、高額な値段がつく場合が高いのだけど。


現状は、まだ様子見。

ただ新刊書店の本が売れないと
古本への流れてくる書籍の量も減ってしまうので
ますます業界の淘汰が進むかもしれない。
ブックオフも仕入れに四苦八苦しているようだし
組合仕入れはトラブル多発しているようだし
独自に仕入れできるところの一人勝ちになる可能性は高いよね。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。