お客様を疑うわけではないのだけど

「品違いです」
とだけ、連絡してきたお客様がいて、困っている。

当然、代替品を用意して発送する準備をしているのだけど
その後、全く連絡不通となった。

再度のこちらからの連絡

緊急のご連絡です。

品違いで届いてしまった商品のタイトル名をご連絡ください。
当方、代替品として新品を用意して、発送するだけとなっておりますが
品違いで届いてしまった商品のタイトルが分からないと、商品発送間違いとして処理が出来ません。
また、そのための在庫のチェックが出来ないため、非常に困っております。
誠にお手数ですが、緊急で連絡ください。連絡いただけたら
即座に新品を発送できます。どうぞよろしくお願いいあします。


Office Eziromem 担当:園田広宣

なぜ、そこまで取り違えた商品の確認にこだわるのかというと
理由は大きくふたつあって

在庫から別の商品が間違って出てしまったのなら、商品が空出品状態となっていて当然にトラブルが起こる
もしくは別のお客様とクロス発送(同時に出荷した別のお客様に届いている)となっている場合、そちらにも連絡を取らなくてはいけない。

もうひとつは・・・返金目当ての詐欺
これが、実は結構あって、とりあえずクレームを付ければお金が返ってくるという発想をしている人がいる。
古本屋関係のブログで、ちょこちょこ報告を聞いている。
こういった人は2種類、短文で来るか、長文で来る。
極端に短い人は「下手に書くと嘘がバレる」
極端に長い人は「嘘に自信があり、雄弁に語る」
そしてどちらにも大きな特徴があって「具体性が無い
それは詳細に書くと嘘がバレるからである。


基本的にうちはお客様を信用しているが
あまりにも露骨な場合は、お客様に確認を取っている。


ちなみに、うちの在庫は全て管理されているので
こちらに無い在庫のタイトルを向こうが伝えてきたら、それはほぼアウトだろう。

願わくば・・・詐欺でない事を祈っている。


※追記
お客様から連絡。どうやら詐欺ではなかったとのこと。
ちょっと反省
ただ・・・出来れば先に間違って届いた商品を連絡してほしかった。
商品のクロス発送は実に面倒な事になるので
とても神経を使います。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。