特定商取引法改正に関する問題点 【問題対象 ホビー類・古着類取扱業者】

特定商取引に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)についての意見募集
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=235060006&Mode=0
意見・情報受付締切日 2013年01月07日


規制対象から除外される物品について

(ア)訪問購入に係る売買契約の相手方(売主たる消費者)の利益を損なうおそれがないと認められること
【(ア)の要件を満たすもの】
(1)家電(携行が容易なものを除く。)
(2)家具
※具体例については別途通達等で明示する予定であるが、以下のような物品がそれぞれ該当すると考えている。
(1):電気冷蔵庫、電気洗濯機、エアーコンディショナー、テレビジョン受信機等
(2):たんす、机、いす、鏡台等

(イ)規制対象となった場合、流通が著しく害されるおそれがあると認め
られること。
【(イ)の要件を満たすもの】
(3)自動車(二輪のものを除く。)
(4)書籍並びにCD、DVD及びゲームソフト類
(5)有価証券

ここに書籍が入ったのはありがたい事だが
・おもちゃ類、趣味・ホビー類(模型、人形、カード、楽器など)スポーツ類
・洋服類

が入っていないのは大変に遺憾だ。
今後、参入しようという人、すでに売買してる人はぜひ、意見を送った方がいい。
私も今から送るつもり。





ちょっと分かりづらいのが
特定商取引に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)の概要」
をクリックすると
・規制対象としない物品
・規制の適用除外とする取引態様
が並んで記載されているので

この二つが両方適用されないと適用除外されないのかと思ったが
他の公的文章をみると
「及び」
という記載がされているので
おそらくは
「&(両方合致されなくては適用除外されない)」
の関係ではなく
「OR(どちらかが合致されれば適用除外される)」
という事なのだろう。

ちゃんと分かりやすく記載して欲しいものだ。
かなり焦った。

当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。