読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き続き:アマゾン売上不安定の原因は何か? アップロードで順列が変わる?

ネット販売運営

皆様、年末はいかがお過ごしでしょうか?
当方は家計が赤字になっているので、年末も年始もありませぬ(苦笑)
というても、1年で5万や10万の赤字なら、ないようなものですが。
銀行からの借金を返済しての結果の赤字なので
多少は致し方ないかなと思いつつ、今日も必死に働いております。

アマゾン不調の原因。
酷い時になると、10売れてたものが2〜3程度にまで減少するという
この困った原因は、多少の時期的な問題や仕入れの問題があったとしても
さすがに異常すぎるという感があり、色々と調べています。

参考になりそうなページがここ。
アマゾン よくある質問:出品ツールとフィード処理
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200326290

フィードを頻繁にアップロードすることで出品商品一覧ページの表示は変わりますか?

変わりません。出品商品一覧ページの表示順は、購入者が出品商品に対して支払う、商品価格と配送料の合計によって決定されます。出品商品一覧ページの上位に商品を表示させるには、価格と数量ファイルを使い、価格をより安く設定してください。

つまり、価格が安い順に並んでいるから、その部分は変わらないよ〜という
アマゾンお決まりのアナウンスです。
これはアマゾン出品者なら、誰でも知っている事だと思いますが

逆に読めば、価格が安い順に並んでいる部分以外が変更されている可能性は
あるかもしれないという仮説も取れます。


つまり
1円 A社
1円 B社
1円 C社
1円 D社
50円 E社

と並んでいる場合、特定の行為によって

1円 D社
1円 A社
1円 B社
1円 C社
50円 E社

こうなる可能性を仮説する事が出来ます。

そこで、何度か繰り返しアップロードして変化をチェックしてみる事にしました。
すると

1円 A社
1円 B社
1円 D社
1円 C社
50円 E社

こういう変化が確認できました。
当初「アップロードした順に、最上段に繰り上がるのでは?」と仮定して
チェックしていましたが、どうやら無条件で最上段に繰り上がるわけではないようですが
それでも、なんらかの変化を起こしているのは間違いないようです。
現状、分かっているのはそこまでです。



さらに、何がきっかけで変化するかを特定すると
これも先ほどの質問ページですが

出品ファイルをアップロードする必要があるのは以下の場合です。
(a) 商品を新規出品する
(b) 出品中の商品の情報を変更する(コンディションのコメントの変更など)
(c) 出品商品を削除する

この3点がアマゾンの出品者全体の出品カタログに影響を与えているのは間違いないようです。

これは私が経験した
(C)出品商品を削除する=売上が回復した?
や、コメントで確認された
(B)良い→可に変更→売上が落ちた?
という経験に合致します。

削除すれば売上が回復し、コンディションを変更したら売上が落ちるというわけではなく
おそらく、この行動で出品者全体の出品カタログに不安定要素が起きて
(例:出品カタログが掲載から落ちる、カタログの最後尾に落とされる)
回復したり、落ちたりしているのではないでしょうか?


実際、売上が急下降した時、新規出品もほとんどせず、状態コメントの訂正も出品商品の削除もしばらくしていませんでした。
そのため不安定な状態をずっと維持したままになってしまっていたのでしょう。


★現状できる対策として
不安定な状態と、安定した状態を比較すると、体感的には安定した状態の方が長いはずです。
かといって、安定した状態になったから「新規出品を止める」というわけにはいきません。

ならば確率論的に、先に述べたa、b、cを常時繰り返しておくのが一番妥当ではないでしょうか?
ちょっと面倒ですが、定期的に出品(販売済みデータ等)を削除したり
細かく出品したりするのが、現状わかっているデータでの唯一とれる対策だと思います。
また、不安定な状態に入ったと感じたら、削除を何度か繰り返してみるのもいいかもしれませんね。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。