ネット古本屋勉強会 / なぜ和歌山の住所の商品が奈良県に行ってしまったか? ◆訂正とお詫び ◆再訂正TT

24日はネット古本屋勉強会を私が発起人で行った。

もちろん、特に何かしたいという事よりも
まずは外側を作るってのは私のやり方なので
ともかく人数を募集して、来てもらって、そこで色んな話をすればいいやという

私の安易な思いつきに、付き合っていただき




遅刻した私を許してくれた皆様に大変感謝したい。
※正しくは3分前に駅構内に飛び込んだ。

もうね、発起人が遅刻してどうすんの?と^^;

こんな感じで緩くやっております←緩くしたのはこいつ。



詳しい内容は、会の中での秘密なので
あまり話せませんが、皆さん、それぞれに面白い話が聞けました。

例えば
◆suzu6190 さん
の技術と手間は、おそらく他の追随を許さない素晴らしいものだった。
もしかしたらISBNでの手打ちすらされていないのではないだろうか?
ニッチすぎて私でも手が出ないコアな分野だったが
逆に、顧客から依頼があったとき、そのまま断らずに◆suzu6190さんにご相談できるという
人脈を持てた事は非常に有意義だった。
もしかしたら、せどりという形で生き残れる数少ない技術をお持ちなのかもしれない。

他の方はDMからいただいたので
あえて名前は伏せて書きますが

アニメ、フィギュアが得意なお二人のトレカやゲームの話は
とても刺激的だったし
「キンプラ」という単語が「貴金属・プラチナ」という意味を
初めて知った(苦笑)
人間、まだまだ勉強だなぁ〜。

組合から来ていただいた方もいて、組合に経由する人脈が持てた事も大きかった。
私は組合に仕事を出す事は、いまのところ無さそうだが
勉強会から人脈が広範囲に広がる事は、非常に有意義だと思う。


私は、どちらかというと
コアな商品を扱っているが、好きで扱っているわけではなく
わざとコアな商品が集まるように仕入れをしているだけなので
コアな知識があるわけではない。
なので、私が皆さんに提供できるのは、新しい仕事のアイデアとか
連携の仕方、交渉術ぐらいじゃないだろうか。
※それだって、それほど素晴らしいといえるわけじゃない。

それでも、せっかく同じ世界の同業者として存在しているのなら
せめて見聞きした知り合いだけでも生き残って欲しいと思うじゃないか。
そういう思いで、とりあえず集めてみた。

今後、それがどういう形になるかは分からないが
ひとまず箱は作ったので中身はみんなで議論しましょうというのがいいと思う。


俺は基本的に八王子周辺(日野、多摩、昭島、町田、立川辺り)の
古本屋以外とは買取の営業区域でバッティングしない。
そういう意味では、意外と仲良くやっていけるのではないかと思っている。


ひとつ思った事は

法人買取をもっと強化できると思った。
いま2割程度だが、買取の5割まで引き上げられるのではないだろうか?

法人の場合、定期的に仕事が出来るので
個人より遥かに安定している。
もっとそちらの営業トークをみにつけようと思った。


◆訂正とお詫び
同じジャンルを扱っていて
本名しか記憶になかったために
混合してしまいまして、べつの方の名前を紹介してしまいました。
深くお詫びいたします。失礼いたしました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

郵便事故が発生し、顧客から調査依頼を受ける。
本来ならば返金してさっさと終わらせてしまうのだけど
1000円以上の商品だったし、一度勉強のつもりで調査した。

まず郵便局に調査依頼をしたところ
「そのまえに一度ぜひ、発送先の郵便局に連絡をしてみてほしい。そのほうが大半は早い」
という連絡と、発送先の郵便局の連絡先を教えてもらう。

そこで和歌山県の郵便局に、誤配がなかったか確認の電話をしたところ
「では、配送先の住所と郵便番号をお願いします」
と言われ
こちらも

「郵便番号は639の・・・・・・・・」と

突然、郵便局員
「ちょ・・・ちょちょちょちょとっと待って」

「え?」


「639は奈良県ですよ!?」

はい?




「えっと・・・・」

奈良県なんです。その郵便番号。」


「えっと・・・・639・・・・和歌山県○○市の・・・」

「だから奈良県なんです!!その郵便番号。うちは和歌山。」

半分悲鳴のように言われて、黙り込む俺











「どういう事ですか?」


「それはこっちが聞きたいです。」


先の言葉が俺、後の言葉が局員(苦笑)

でもデータにはこの郵便番号で発送された事になってるし・・・

とりあえず、奈良県の郵便局に電話してみる。


「・・・・・そりゃ止まりますよ」

「ですよね〜」

後の言葉が俺、先の言葉が局員(苦笑)


結局、結論としては


さっぱり分からん

という、予想を遥かに上回る混乱さで調査は終わったわけで。
たぶん返送されたか、正規住所に戻したか・・・どちらにせよ混乱のなかで消えた可能性も高い。


この件を顧客にレポートしたところ

どうやら引越し先の郵便番号のままだったらしく

「返金は結構です、すいません」





ですよね〜(苦笑)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。