読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古本屋の不動産形態

#古本

先の店舗運営の話は残念ながら流れてしまった。


ただ、その時の流れで
店舗運営そのものはいけるような気がしていて
そのまま不動産屋めぐりをし、将来的に行けそうな店舗はないか
色々と物色を始めてしまった。


いまの古本屋の不動産の形態として
最も多いのが

◆倉庫付住宅

住宅に倉庫を備えて、ネット販売を主軸に
運営していく。
買取はほぼ出張か宅配に依存。

大半は自前の住居を改造
初期費用が最も安いが元の住居サイズに依存。
維持費は格安で済む。

次に
◆倉庫+住宅

住宅とは別個に倉庫を借りて運営。
初期コストがややかかるが、倉庫を増築、移転する事で
規模を大きく出来る。

◆店舗+住宅
選択肢が多く、自由に店舗を設定できる。
収入としてネットと店舗の2本柱で対応できるが
店舗運営による縛りが強くなり、毎日の移動がやや面倒になる。
住宅と店舗の両方の維持費用がかかり、リスクが高くなる。

最後に
◆店舗付住宅
今回話が出たのがこれだったのだけど
まず維持費用が先の「店舗+住宅」より割安になる事
生活と仕事の両方を同時に1不動産内で行う事が出来るので
移動が少なくなるが、仕事とプライベートが混合される危険がある。
同じように収入が2本になるが、休みなどが取りにくくなる。
また、物件数が極端に少ない。

たぶん、古本屋の不動産体系を大きく分けると
この4つになるんじゃないだろうか?

店舗付住宅の話が流れたのは、実に残念だった。
物件数が極端に少なく、しかも大半の店舗付住宅は狭いので
今回のような大型の店舗付住宅は、もう見つからないかなぁとガッカリしている。
それでも、機会があれば考えてみたい。
せっかく古本屋の仕事が出来るようになったんだから
とことんまで突き詰めてみたいものだ。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。