85(幅)×40(高さ)×45(奥行)に在庫400冊、1区画の売上13冊 (倉庫の話)

うちの倉庫の話だけど
うちのスチール棚は本棚ではなく、一般の棚を使っていて
幅は85センチ、奥行きがとても深く45センチある。

高さは170センチあり、これを4つの区分で棚板で区切ってある。
上3つは40〜50センチほどの高さで在庫本を置き、一番下は使いにくいので段ボールなどをしまってある。

上3つに区切った棚に棚番号をふっていき、1スペースに本を横置きにしまっていくと
文庫と新書、単行本などが400冊ほど入る。
当然アマゾンからの注文が入るのだが、大半が美品の1円〜高くても800円程度なので
一日に多い時で13冊(5/17の注文数)の注文が1区画で入ってくる。

6畳分の倉庫にこの棚を入れると
最大で9棚、27区画(総在庫数見込10800)を作る事が出来るので
理論上は一日の最大売上として351冊程度が売れるだろうという見込みがあるのだが
実際にいま在庫用として稼動しているのは14区画で、その大半は200冊も入っていない。
多い時で1日60冊程度の販売数なので、実際には1区画で4〜5冊程度が売れているといった具合なのだろう。
※古くて1冊も販売できていない区画も多い

もちろん、上の見込みは、常時新鮮で良質な本が出品されているという前提なので
それだけの労働力や買取ができる技術がないと難しいわけだけど
効率化さえ出来れば、少ない倉庫スペースでも、それだけのことが出来るという計算のようなものでもある。

まぁ
その証明、おまえがやれ
って話でして、はい頑張らせていただきますって事なんですが。

まぁ上の理論上の数値には到達するのは難しいでしょうけど
それなりの数字をだしたら、それはそれで報告しますんでよろしくお願いいたします。


当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。