茨城買取ドットコムさんにお邪魔する

先日、友達の引越しを手伝ったおりに出てきた
エンジン不調のバイ
たまたま茨城買取ドットコムさんがヤフオク代行出品を始めるという事なので
ためしにバイクを売ってみない?と話したところ
快諾いただいたのだけど
引き取りで悩んでいたので、このまま茨城まで持っていく事に。



でかかった


おそらく、八王子に、あの倉庫サイズのネット通販業務をしているところはないでしょう。

小さな古本屋なら4〜5件は入ってしまう・・・いや空間だけなら10件はいける。

工場といってもいいサイズの倉庫で、2階部分も半分は床がなく
※おそらく元は大型の機械がはいっていたのではないかと思うが
家がまるごと一個はいるサイズの部分を床がない、改装費用が100万かかるんで放置という
ビッグな判断をされていた。(笑)

まぁ確かに、倉庫代が月に5万では
改装費100万あるなら、もう一軒借りますわな。


そして正式に業務提携というわけではないが
ほぼ技術提携している状況なので、もろもろ技術の交換をしてもらう。

はりはりやさんのアマゾン検索システムの凄さには
ただただ声が出る。
うちが1個ずつ手作業でこなしている作業が
100個だろうがほぼ数分でこなせてしまうわけで


そのシステム5万で買った!!メンテなしいいから3万で売ってくれ!!
と叫んだのだが、どうやら開発者さんは茨城買取さんの為に特注したものらしく
よそで公開しないでくれという事だったので

「俺はあきらめねぇぞ!!」
と、ほとんど悪役のセリフを吐いてお茶を飲んだ。



せどり出身の古本屋二人がそろって思った事は
「もうせどりでは食えない」
という一致した意見であった。
これは脅しでもなんでもなく、そもそも古本屋が店をたたんでいる現状である。

これは福岡の話でありますが2000年に発行された「ふくおか古書店案内」に
掲載された55店中、現在も残るのは28店、店舗が残っているのが11店であるそうです。
実にこの13年で
4/5が店を失った
計算になります。

それでも、ネットに移行して半分が生き残っているとも言えますが
その激戦たるや、すさまじいものだと覚悟していただきたく思うわけです。

さらに、電子書籍の脅威は今後も間違いなくさらされてくるでしょう。
絶対に油断できないわけで、書籍だけで商売をするのは本当におすすめできません。



これも茨城買取ドットコムさんとも意見が一致したのですが
今の鑑定技術ってのは大半が書籍の鑑定というよりも
「ネット検索の技術なんじゃない?」
というものでした。

まず第一に大半の書籍、商品には現在バーコードがついています。
これはもうあたりまえになっており、ほとんどの商品には検索の必要がありません。
なので、値段もほぼ統一され、一部だけが高い、安いという事はほとんど存在しない時代になりました。

しかし

バーコードどころか、まともに商品名も分からない物が結構存在します。
こういったものは、なるべく可能な限りの文字情報を集めて検索するのですが
茨城買取ドットコムさんはなんと、商品を未開封のまま文字情報すらない
バスタオルのようなもの?
の商品の価値を30分ほどかけて調べ上げました。
これには驚きました(苦笑)

なにせ、わかっているのは顧客の記憶と、ビニールから見える顔のイラスト(汗のイラストが目標)のみ。


正直に言います。
私、今のアニメらしきキャラクターたち、全部涼宮ハルヒにしか見えません(苦笑)
さらに他のキャラクターグッズに似たものを見つけて
嬉々として「これと同じキャラじゃない!?」と言った私に
「それはリボンの色が違うんですよ〜」と言い放った茨城買取さん。

えぇ〜、だってリボンの色だけじゃん?と思ったら、本当に同じ作者の別キャラクターだったという。




マジかよ!?


うちではアニメキャラは扱えないなと、本気で思いました。
まぁいずれ扱わざるをえなくなるかもしれませんが・・・。

その商品、30分ほどかけて調査した結果、やはり1〜2万はするであろうという結論に達しました。
バーコードで検索できる商品というのは、数も出ますし値段もたいした事ないのですが
それがない商品というのはネットでの出典数も少なく、高額になるチャンスが高いので
無視はできないのです。


よくヤフオクでの検索できますっていう人がいるが
それは自分の持ち物であったり、得意分野であるわけですが
10000点の商品を1点も漏らさずに検索する技術ってのは
本当に職人技だと思います。
そういう技術がないと、今後はやっていけないのでしょう。



当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。