読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せどり廃業

#古本


人気ブログランキングへ


最近、個人でせどりをしていた方からの買取依頼が結構多い。
おそらく、ビームやピコピコ時代からはいって
最近の爆発的アマゾン在庫増加に対応できなかったのだろうと思う。

そういう人は、自分から依頼をするのに抵抗があるのか
奥様から連絡が来る場合が多い。
おそらく、周囲に大見得をきった手前、自分から止められないのだろう。

奥様が愚痴をこぼしながら、私に話す事が定番になってきている。

うちも仕事なので、相手がどんな方であろうとも
買取依頼があれば飛んではいきます。

ただし同業者と確認した時点で、値付けが下がる事もあります。
これは同業者であったなら理解できると思いますが
他所で売れなかった物が、こちらに回ってきても
値段をつけずらいんですね。
※同業者と隠しても、分かってしまうのですけどね。特にせどりのレパートリーはだいたい決まっているんで。

もちろん、うちで値付けが出来るものは、正当な値段をつけますけど
そうでないものの方が多いので、その点はご容赦ねがいたい。


以前、ある閉店物件をみて
「・・・まぁ1冊2〜3円ってとこかな」
と発言したことがあります。
もちろん、内容によりけりですが、105円で仕入れた本を、2〜3円で捌かれるのが嫌なら
そもそも仕入れないほうがいいと思います。

古本の販売というのは、新品とは違い、すでに賞味期限が切れてしまった紙ゴミが多く含まれています。
仕入れを誤れば、大きなダメージになる事は覚悟してください。
だからこそ、一般でも1冊5円なんていう仕入れ価格がとおってしまうわけです。

もちろん、賞味期限が切れていない本に関しては、1冊千円でも二千円でも出します。
そんな本が、年に何回あるかは分かりませんけど。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。