読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八王子の高次脳機能障害シンポジウムに参加してきました。

八王子の高次脳機能障害シンポジウムに参加してきました。

といってもいきなり遅刻(苦笑)
近所の駐車場は大渋滞していて、さらにどう聞き間違えたのか
11階のシンポジウムをメモでは4階と記載しており

4階をぐるぐる回る羽目に・・・・・・


むぅ・・・言い間違えたのか?・・・と最初不機嫌になるも
良く考えたら「2−4時」というメモの後に、4階と書かれているため

4時と11階をごっちゃにした可能性が高く、大冷や汗。


やっとシンポジウム場所についたら、先に予約していたのに
立見席になっていて、ちょっとがっかり。

テープレコーダーを使い、記録しつつ、話を聞く。



最初の20分で高次脳機能障害の簡単な紹介。

残りの時間で2例ほど当事者の紹介と、その経過を当事者本人が話す。

いくつか勉強になった事として


・外出時、首からメモをつけて行先などを常に分かるようにする。
これは登山なんかでもマップを首から下げてあるけるようになってるアイテムがある。
これを使うといいかもしれない。







・通勤の練習の為には土日を使って20日間ほど繰り返し電車に乗る事が必要。
これはあくまでも、出席当事者の例でしたが
かなりしっかりした感じに見受けられても、やはりそれだけの苦労があったようです。
また、通勤の練習中は奥様が後ろからついていって、間違った方向にいかないようにチェックをしていたりと
かなりのご苦労があったようです。
社会復帰を目指すのは本当に大変なのだなぁとつくづく思いました。


本当は復職率などを質問しようかと思っていたのですが
参加者の年齢的にも、下手な事を聞くと空気が下がるような気がして、聞くことが出来ませんでした。
なんか空気を読んだといえば、いい言葉ですが、ちょっと聞きづらかったというのが本音です。



どうやら地元の有名病院、北原脳神経外科がサポートしているシンポジウムのようでした。
患者数も多いので、いい病院なのかもしれません。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。