読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アマゾンとヤフオクの売れ行きを比較してみた

ネット販売運営

1列目 アマゾン(位)
2列目 ヤフオク(月間)
313 〜 12
968 〜 5
12,216 〜 1
20,716 〜 1
93,442 〜 3
229,992 〜 1
462,651 〜 1


アマゾン(位)
ヤフオク(3年間)
148,074 〜 13
191,330 〜 1
193,845 〜 9
193,910 〜 1
315,821 〜 1
309,606 〜 16
340,932 〜 21
483,752 〜 1
519,607 〜 11
797,095 〜 4
983,407 〜 3
1,078,641 〜 13
1,176,480  〜 0
1,218,851  〜 1
1,318,110  〜 0
1,374,558  〜 3

左側がアマゾンのランキングで 右側がヤフオクの売れ行き(オークファン調べ)

こうやって見ると、完全に比例しているわけではないけど
だいたいが似ているようだ。

うちでは基本的に半年で全販売を目指しているので
3年間だと売れ行き6は無いといけない。
だいたいアマゾンランクで20万以下だと、ヤフオクなら半年以内という具合のようだ。

アマゾンだと1円の本でも、ヤフオクなら300〜500円程度になるので
それならヤフオクで出してもいいだろうと思う。
特に美品でないと売れない1円多数の混戦状態ではアマゾンに出すのももったいない。

ヤフオクで同じ手間なら100円で売ってしまえば、100冊で1万程度変わってくるので
一日仕分で100冊ほどヤフオクに出せばギリギリ赤字にもならないだろう。

まぁ、本当に100円で100冊も出してたら、ちょっとどうかしてしまうので
300〜500円程度でなるべく出したいと思うのだけど。


アマゾンは確かに良く売れるのだけど、いいかげんアマゾンから脱却する事を考えないと
アマゾンの独り勝ち状態は我々下請けにはとても良い事とは言えない。


当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。