読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくら売り上げれば古本屋は食べていけるのかな?

#古本

決算を作っていて思った事。

古本屋の利益ってのは、仕入れ価格よりも
それを処理する人件費や保管費用の方が遥かに高いわけで
結局は いくら売り上げれ ば食っていけるのかと


う〜ん

個人的な感覚だけど8〜900万は売上ないと無理なんじゃないでしょうか?
アマゾンで販売してる限り、手数料からは逃げられない。
800万だとして
120万(15%)はアマゾンに抜かれ、さらにFBAやカテゴリ手数料などで7〜80万ぐらいは取られるでしょう?

事務所家賃が5万だとして、一年で60万
仕入れが売り上げの3割(廃棄なんかも計算)だとして240万

この時点で経費が500万だから、残り300万

その300万から配送費、通信費やガソリン代、雑費を引いたら
残りは200万ぐらいなんじゃないですか?

ざっくりと計算するとそんなもんですが。
年収で200万っつったらギリギリ家族を養える程度だと思います。
月収16万ちょい(ボーナスなし)の計算になりますから。


うちはコストをギリギリまで抑える方向でやっているので
経費にここまでかかっていませんけど、それでもきっついのは確かです。

去年はコストを抑えて税金的にも消費税から逃げる方向性だったので
売上1000万に入らない方向でしたけど
今年、来年と新しいジャンルを増やしているので、そうも言ってられない、人手を増やす方向で考えないと厳しいってのが本当です。



ただ・・・そんな事を考えていたら、また体調を崩して近所の掛かりつけ医に相談したら
ちょっと・・・私の身体、まずい事になっているようで・・・。
検査段階なので、はっきりした事は言えませんが。



頑張りすぎたのかなぁ。

当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。