少量買い取りを繰り返す顧客に対して、どう対応したら良いか?

個別の買い取りをしていると困ってしまうのが

・数冊の本を出張買取り依頼する顧客。

これが一回なら問題ないんです。
しかし数回、酷いと月に何度も依頼してくる方がいます。
うちではありませんが、最も酷い例では
毎日のように買い取り依頼してくる人もいたそうです。

うちも月に一回ぐらいの割合で
数冊、依頼してくる方がいます。
依頼する側は待つだけですが
こちらは時間を合わせ、車を準備するなど
だいたいコストとして近場…近所でも2000円ぐらいはかかっています。
(ガソリン代抜きで)

うまく断る理由などを考えていたのですが



それなら通信買い取りを試してみようと思いました。
うちは通信買い取りは行ってはいないのですが
急ぎで他所の通信書類を基準に作成し
先に用意しておいた着払い伝票を合わせる。


本日、お客様の買い取りが終った後
封筒を取り出して

「もし段ボールや紙袋で一箱以内でしたら、今度からこちらを使っていただけると助かります。出張経費だけでも結構かかりますので。」
と提案する。

事実上のお断りなのだけど、まぁ理解出来たかは分かりません。
これで本当に理解出来なければ、もう全力でお断りするしかないのだが。


他にも同じ悩みを抱えている古本屋さんは多いでしょうから
よかったら参考にしてください。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。