体力はあるから、戦う時は戦う。

モノポリーとか、億万長者ゲームとかのボードゲームが結構好きで
子どもの頃、よくやってました。



いくつかの商品で、明らかに安値対抗してきた個人商店があるのですが
価格で競争するなら受けてたちますぜ!!という姿勢で臨んでいる。

なぜなら、まずうちは資金に余裕がある。
さらに、稼ぐためのアイテムは、その商品だけじゃなく
他の商品で利益を得られるので、一時的に利益を失っても惜しくない。


それでは困るんじゃないかと思うかもしれないけど
相手がアイテムを撤退させるまで、安値競争ってのは必ず続きます。
自分が引けば、相手が儲かり、自分が耐えれば相手が引きます。
結果的に、どちらが引くかという勝負になるわけですが



ブルーオーシャン(独占市場)などというものは小売業においては、何処にもないです。
それはあくまでも職人の世界の話
誰でも真似できる小売の世界では、一時的にライバル無しの状態が出来たとしても
そこに必ず別の誰かが追いついてくるのは必然です。

その時、相手を撤退させれるかどうか・・・これは資金力と、商売の幅の広さが重要なんじゃないかなと思いますねぇ。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。