読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキャン納品に挑戦中

アマゾンのFBAについてスキャン納品に挑戦しているが
ともかくネット上の情報が少なくて四苦八苦している。

利用したのはこの機器。

ブラザーの新しいラベルプリンターで、おそらく使えるだろうとふんでの見切り購入。
結果的には良かったのだが

このプリンター、エディターライト(P-touch Editor Lite)というソフトを本体に内蔵していて
最初に起動させると、自動的にそのソフトを認識し立ち上げる設定になっている。
それ自体は問題ないのだが、どうやらそのソフト立ち上げ設定の状態だと
プリンターとして認識しないらしく、コントロールパネル→プリンターの表示に出てこない。
何度やっても出現しないので、スキャン納品においてかなり焦ったが
Editor Liteボタンを消すと、自動でプリンターとして認識してくれるようになり一安心。

次にIEがスキャン納品用のJAVAを認識せず、何度やってもJAVA開発メーカーのサイトに飛ばされてしまう。
これは諦めてクロームを使ってみたら、一発で認識した。
一体、あの1時間弱の苦労はなんだったのか(苦笑)

本日届いたラベルプリンターのお試しラベルが
・お試しDKラベル 1本29mm×90mm宛名ラベル(100枚)
・お試しDKテープ 1本62mm長尺紙テープ(大 8m)
だったので、とりあえず62mmの方を使い、印刷・・・・無事に印刷出来たが
ちょっとサイズ的に大きすぎるので、これ以上はアマゾンで29mmのテープを注文して
待つことにする。


このラベルプリンターの欠点として
弱粘着タイプ(再剥離)テープが62mm大にしかない事だね。

2種類のラベル幅(29mmと62mm)を使えるのだけど、弱粘着を使いたいのは29mmなんだよねぇ・・・


スキャン納品の最大のメリットは
・1点単位でラベル印刷できること
に尽きる。

タックシールだと24枚単位でしか印刷できないので
今まで、24冊ずつ登録して印刷したりしていたのだけど
そうなると配送段ボールにきっちり詰められないという問題が発生していた。
かといって適当な所で切ってしまうのも勿体ないし
そもそも、どこがピッタリと詰められるかのバランスが非常に分かりにくい。

1点単位で印刷出来れば、そういった悩みを気にしなくて済む。
そうなれば、素早く梱包して、素早くFBA倉庫に送る事も出来るし
今までため込んでいたFBA商品を置くスペースが空く&到着が早くなるので販売機会が増すというメリットにもなる。

ただし1点ごとに登録が必要になってくる。
しかもスキャン納品のページでは登録できないようなので
商品登録ページから一点ずつ登録、ラベルを貼るという事になる。
これが古本という特殊な商品の問題点でもある。
これが良いのか悪いのかは微妙だ・・・。


とは言え、新しいシステムを作っておけば
色んな状況に対応できる。
新しい事に・・・どんどん挑戦していこう!!

(アマゾン様、どうかIEでのテスト稼働もやってくださいおねがいしま!!)


追記:

同じ商品の並行輸入品でこんなのもあるらしいです。
私は日本語で確実に行きたかったので正規品ですが、こんなのもあるよって事で。
(お勧めはしておりません。あくまでも自己責任で。)


(続)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。