キンドルでしか本を読まなくなった(本好きで目が悪い人や障害者にとって大事な事)

最近買った本なのだけど

こちらを文庫で


こちらをキンドルで購入した。

正直いって、これからの「正義」の話をしようの方が先に購入したし
文庫として持ちやすくしたので、こちらの方が先に読み終わると思っていたのだけど

キンドルで購入した方が先に読み終わってしまった。


なんでだろう?と考えたのだけど

文字のサイズが大きな違いだと思ってる。

キンドルは文字のサイズを自由に変更できるので
私のように近視、乱視、斜視とトリプルにかかってしまい
非常に目の悪い男にとって、とても助かるツールだ。

最近の文庫本も文字を大きくして読みやすくはなったが
やはりキンドルの文字のサイズにはかなわない。


ハードカバーは正直大きすぎて持ち運べない。
(ただでさえ大量に本を持ち歩くひとなので)
そう考えてみると
キンドルという本は、障害者にとって優しい電子ツールなのだと思う。


当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーをクリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。