読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

注文が確定していない商品の問い合わせについて

注文が保留状態のまま放置?されていた商品について
お客様より

注文商品の配送について
「遅いぞ!!」(ほぼ原文まま 短すぎてフェイク入れられず)

というクレームが入る。

いやいや、待ってくれよ、この商品はいまだに入金確認が出来てないから保留状態なんじゃないの?
こっちで配送なんか出来ないし、遅いって言われても困るよ・・・



という事でアマゾンに意見メールしてみた。

こちらのお客様が、「配送が遅い」とメールで連絡があったのですが
当方は注文が保留状態であり、全く対応が出来かねます。
アマゾンではお客様に、保留状態である事が全くわからないシステムなのでしょうか?

そもそも、保留状態のお客様から、注文の配送に関するお問い合わせが出来る事じたい
おかしいのではないでしょうか?

お客様には保留状態の為、当方からの配送そのものが出来かねるという事を連絡してありますが
なんらかの対応をしていただかないと、こういった事例は今後も続くであろうと思われますし
大変に困っています。
なにとぞ、「保留である事がお客様に全く伝わっていない事」「保留の注文に配送で問い合わせが出来る事」の
対応の件、よろしくお願い致します。


その後、すぐに返答

Amazonテクニカルサポートにお問合せいただきありがとうございます。
このたびは、当サイトのご利用にあたりご不便おかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。

お問い合わせいただきました、保留中の注文の購入者様からの連絡についてご案内いたします。

該当の注文(注文番号:---------------------)をお調べいたしましたところ、
支払に関して保留中の要因が解消されていない状態であり、なおかつ、注文の確定Eメール、
またお支払番号の記載されたEメールが送信されております旨を確認いたしました。

また、当サイトでは購入者様の「アカウントサービス」にて、保留中であるか否かも含め、注文状況をご確認いただけます。
しかしながら、このたびは購入者様にて何等かのご理由で該当注文が保留中であることを認識されず、Office Eziromem様に連絡があったものと存じます。
大変ご心配をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。

なお、保留中の注文の購入者様を含め、購入用のアカウントを保持されているお客様は、
未購入であっても出品者様へ連絡をすることができる仕様でございます。

この仕様について、本件のように出品者様の負担になるようなケースがある旨をお伝えし、
改善担当に、購入者様より出品者様への連絡機能、購入者様サービスの注文状況通知方法の見直しを、ご意見として提出させていただきます。

このたびのような連絡がございました場合は、既にご対応をいただいておりますが、出品者様にてはご対応いただけないシステムであることをお伝えいただき、
購入者様へ下記の窓口へご自身で注文状況の確認をされるよう、ご誘導いただければと存じます。

 ■カスタマーサービスへの問合せ方法

 電話番号:------------
 フリーダイヤルをご利用いただけない場合:--------------
 海外から:-----------------

 ・マーケットプレイスの出品者から買った場合の、購入用窓口は「4」を選択してください。
 ・営業時間:24時間 (年中無休)

大変ご面倒をおかけしておりますこと、誠に申し訳ございません。

本件についてのご案内は以上でございます。    (一部修正)

一応、問題としてアマゾンに認識いただけたようだが
対応されるかどうかは疑問。
基本的にはカスタマーサービスへ誘導しろっていうスタンスらしい。

メール内容の電話番号まで修正したのは、アマゾンがあまりおおっぴらに公開していないようなので
電話が殺到するといけないから、削らせていただいた。


どうも後手後手という感じはあるが・・・出店者に対するサービスの向上は
どうしたって後回しになるのは仕方がない。

だってアマゾンだから。・゚・(ノД`)・゚・。



当サイトの収入源は広告になります。
左のバーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!
アマゾンサイトに飛びます



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。