読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてAmazonマーケットプライスで着払いで返品をしてみた。

ネット販売運営

アマゾンで購入したサーキットの狼が愛蔵版のカタログで新書版が出品されており
コメント欄には書いてあったものの、そもそも出品規約の違反にかかっているので返品を申し出たところ快く受けていただいた。


(現在、出品者0なので、せどりの方、どうか頑張ってくださいまし)



今まで何度も本を購入してきたが、もちろん返品も依頼をしてきたが
ほとんどの場合金額がたいしたことないため実際に商品を返品してくださいと言われることはなかった。
しかし今回の商品は送料合わせると千円超えていたため着払いで送って下さいとのことで初めてラベルを印刷して返品してみた

アマゾンのアカウントサービスから返品ラベルを印刷して封筒に貼り送るのだが
着払いという記述がどこにも見つけられなかったのでそこだけ手書きで貼り付け
郵便局員に持っていってもらった。

手続きとしてはそんなに難しくない。ただしうちはほぼ毎日のように郵便局員が集荷に来てくれるので発送自体がめんどくさくないのだが
普通の人はこんなものを送るためにわざわざ郵便局に行くのかめんどくさいんじゃないかなぁと思う。

多分家だと1,000円以下の商品はわざわざ返送してくださいとは言わないんじゃないかなぁ。
とは言え商品の中には書籍やCD以外にも
いろんなものがあり、場合によってはメーカーに送り返さないといけない場合もあるので
お客様に返送用ラベルをこちらから送ってラベルを貼ってもらって対応したりもする。

トラブルや返品、返金などの問題はとてもデリケートな部分で対応が難しい。
金額が小さいと、それぐらいで返品させるなと言われるだろうし、しかし我々にとっては小さな金額でもダメージが大きかったりするので
ただ返金するだけというのは考えてしまう。
結局は管理や検品をしっかりしていれば、大半は防げるはずなのだが…と言いつつも先日も
注文があった品が倉庫の棚から見つからずお客様に平謝りしたことがあった。

ネット販売はトラブルが少ない方なのでこれでも謝る回数はすごく少ないと思う。
店舗運営の場合はもっと大変なんだろうなぁ…。


※記憶力がすかたんなので、もしかしたら過去にも着払い返品してる可能性もありますが
そんなときも爽やかな目で見守って下さいまし


当サイトの収入源は広告になります。
左のバーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!
アマゾンサイトに飛びます



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。