ネットで販売している方々のオフ会に参加してきました

体調を崩して、ぶっ倒れておりました。

もう、ほんとやだこの身体。
機械の体がほしいよメーテル・・・。


先日、HN:中年男さんより連絡を受けまして
某オフ会というものに参加してきました。

最近はめっきり、そういった集まりに参加しなくなりまして
呼ばれなければたぶん行かないだろうと思っていたのですが
なんだか直接指名で、私と会わせたい人がいるって事なので・・・う〜ん、体調不安でしたが
なんとか都合をつけて行きました。
一件、別の用事をキャンセルせざるを得なくなっちゃったわけですが・・・
(ほんと体調悪いの俺・・・キャンセルした方、ごめんなさい。)


その集まりは、どうやらせどりが中心となっていて、定期的に集まる会らしく
インターネットで色んな物を販売している方や、中には大家さんとかもいて
かなり雑多な集まりでした(^_^;)ナンダカヨクワカラナイ

直接、見知った顔も何人か・・・。

30人ほど集まったようで
幹事の方は本当に大変そうでした。お疲れさまです!!
直接指名した事を気にかけてくれまして
「変なセミナーの集まりとかじゃないんで、大丈夫です、みんなでホクホクやってますから」

との事でした。
大丈夫です、変なセミナー、怪しい宗教施設(なんかみんなでバタバタ踊ってた)も経験済みですし

高校時代は神社の裏に呼び出され4人に全力でボコボコにされる

という経験も踏んでます。
僕も童貞じゃありませんから!!
(話がそれまくる)



えっと・・・何の話だっけ。宗教?・・・あぁ、オフ会だ。

幹事さんが本当に大変そうで、こんな沢山集めなくても・・・と思ったのですが
どうやら、昔のイベント、せどり100人オフ会の流れがあるそうです。

そこから、現在は幹事さんの人脈だけでまったりやってる・・・という事です。

・・・確かに・・・100人オフ会に比べりゃ・・・まったり・・・なのかこれ・・・(苦笑)
私は、100人オフ会ってものにも参加してないものですから・・・。
(できればせどりや古本屋より、他業種と交流したい)

30人という人数を考えてみると、何が有利なんだろう?何が不利なんだろうと考えてみると
人数が多いので幹事さんは人数の把握は大変だし、人数による場所の制限も受けるので厳しいんじゃあないだろうか・・・?
しかし人数が一度に集まる事で、地方の人にとっては一度に友人に会えるメリットは大きいと思う。
あと、いわゆる幹事メリットも金額がでかいと大きくなる(それは幹事やった人にしか分からないだろうけど)
しかし、全体的なメリットと比較すると・・・う〜ん、大変そうだなぁ・・・自分では出来ないかなぁ・・・本当にお疲れ様です。



オフ会でよく聞かれた事


「本名でやってるなんて度胸ありますね!!」

いや・・・昔はHNあったんですけどね(苦笑)
調べて晒す奴いるでしょ?
〇〇=園田広宣だ!!
みたいな・・・別に隠してるわけでも、やましい事してるわけでもないし
なんか「本名晒されてダメージ受けてるだろ」みたいな感じになるのが嫌でして・・・。

俺もたまには匿名で「おっぱいおっぱい!!」とか言いたいわけですが

・・・時代が許してくれないわけですよ。



「園田さん買取たくさんこなしてますけど、アマゾンで〇〇〇円だったらいくらで買い取ります?」

これ、せどり出身の人にすっごい沢山質問されますけど
古本屋出身の人なら分かると思いますけど


お客様の前で、スマホいじっちゃだめですよ?

最悪の場合
査定中にゲームやって遊んでると思われかねないですし
(その場合、気の強いじいちゃんだと罵倒されます)

そうじゃなくても、この兄ちゃんはマニュアルみないと値段も付けられない新人だって扱いをされます。
(貴重な本、珍しい本の場合は、使いますけどね)


お客様の前で査定する時は、本のタイトル、奥付、状態をみて、だいたい1冊3〜5秒以内で値段を決めます。
そこでもし間違って高く査定しちゃってもいいじゃないですか。
個人買取で査定を高くミスしたって大損なんてしませんから。
普通は5円10円査定、1冊100円で買い取ったって、かなりの高額査定です。
1冊1000円で買取ったなんて、まずブックオフでもやりません。
あれ?ブックオフの個人買取、最高額買取っていくらでしたっけ?500円?

ちなみに、うちの買取用紙には1000円買取より上の高額欄はありません。
(空欄がいくつかあり、必要ならそこに記入する事は出来ます)

まれに古い高額本が出てくる事があり、空欄を使う事はありますけど・・・。
大半は5円10円、綺麗な本で20円30円、出たばかりの新刊で50円、100円
稀に本の半額で買取なんてのもありますが、他社の高額買取は一切見ていません。
なぜなら、うちは出張買取だから。
1〜2時間の出張買取の経費だけで3〜5000円かかっているわけです。

カウンターでの買取と同じ値段は出せません。

それと同様に、まんだらけ駿河屋と同じ値段も出せません。
店舗で販売できる古本屋と、ネット販売する古本屋では「高額買取できる本」が違います。

なので、査定にご満足いただけなければ売って頂かなくても大丈夫です。



強きな対応に見えるかもしれませんが

古本、出張買取の需要は、実は、かなり沢山あるのです。
一人のお客様にこだわってはいられません。

ブックオフのカウンターを見てください。
いつも誰かが本を売っています。
12時間の営業時間、その間に買取が途切れる事は少ないです。


という事は、その地域の買取需要は、最低でも12時間のあいだ途切れずに存在するという事です。

ブックオフのカウンター買取に勝てるわけはありませんが
それでも出張買取の需要は相当高いはずです。


ではなぜ、出張買取が来ないのか?
古本屋の出張買取の宣伝が下手なだけです。


ちゃんとチラシを作って、宣伝しましょうよ。
狙いを定めれば、チャンスはいくらでもあるのですから・・・。




オフ会にほとんど参加しないというか・・・苦手というか・・・
喋るというのが正直苦手なんです(^_^;)
あまりの苦しさに失声症(一時的に声が出なくなる。ストレスが原因)になったぐらいでして・・・

出来る事なら、数人程度、喫茶店で喋るぐらいが、気が楽かな (*^。^*)
あと、出来れば実店舗をお持ちの方と、おしゃべりが出来ると面白いかなと思ったり。
東京だと、ブックオフが強すぎて、とても実店舗を持とうという気持ちにならないけど・・・。

地方の古本屋店舗の状況とか聞けると嬉しいかなぁ・・・。




次回のオフ会もお誘いが来るかもしれません。
その時は・・・私の知り合いもお誘いするかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。



当サイトの収入源は広告になります。
左のバーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!
アマゾンサイトに飛びます



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。