ペコロスの母に会いに行く

映画、ペコロスの母に会いに行くを見たのですが


うーん、これは・・・ちょっと。


原作を読んで楽しみにしていたのですが
原作の重要な部分が、かなり削られてしまっている。
ボケてしまった母が、ランタン祭りを空から見下ろしたり
そういうところがいいんじゃないか・・・
ボケてしまった母が、死んだ夫を見て、それが嬉しいというのが
それがいいんじゃないか・・・。


長編ならともかく、単行本1冊分の内容をあれだけ削る必要性って一体?

その上で、なぜ竹中直人さんのシーンが必要なのか?
竹中直人さんはもちろん名俳優といっていいが
ハゲネタはもう毎度の事だし
(作者本人のハゲネタが弱まるのでまずいでしょこのキャスティングは)
それ以外の見せ場がほとんどない。
ランタン祭りに、介護の人を誘った理由もさっぱりだ。
綺麗だったからか?
どうせ誘うなら、もっとベテラン、もっと母と親しい人を誘うべきだろう。
ボケちゃったボケちゃったと繰り返す姉妹なんかいらんわボケ。


時系列もめちゃくちゃなままである。
原作もめちゃくちゃではあるが、これは作者が記憶を辿ってつくったわけであろう。
元は四コマからスタートしているから
それを最初から用意されているなら、時系列は多少なりともまとめるべきだと思うが。


一部では好評らしいのだが、正直いってガッカリしたってのが本当のところ。

原作は面白いよ!最高だよ!!

ハゲ頭をペチペチする母が可愛いです。
次回作が出てたなんて知らなかった!!




こっちは見ても見なくてもどっちでも・・・



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。