読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際便(書籍)の包み方

#古本

国際郵便の包み方について
一部で話題になっていたので。

うちは密閉せず、基本は紐でくくります。
これは本でも同様。


理由は簡単です。
中の商品を検品する時に、密閉すると破かれるからです。
これは書籍でも例外ではなく、内容に異常を検知したら破かれます。
なので、紐でくくって簡単に開封できる(そして再度梱包できる)ようにしておきます。

もちろん書籍なので、検品される率は低いです。
しかし中にはポルノに厳しい国などが、内容をチェックする為に開く場合もありますので
うちでは完全密閉はお勧めできないと考えています。


一応、日本郵便のルールでは書籍は密閉しても問題ないとされているものの
外国において、そのルールが徹底されているかというと、そうでもないようです。
というか外国では、荷物そのものがよく失くなるようなルーズさですので
そういうルールは徹底されていないと思った方がいいような気がします。

破かれていると、やはり気持ちのいいものではないので
それなら紐でくくった方がいいかな?という気持ちです。


あくまでも私個人の考え方ですけどね。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。