読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

便の気持ちも考えてあげて

病院にかかってて常々、嫌だなと思うこと。

それは医師、看護士が
「自分たちだけ分かってれば、それでいい」と思っている事。

例えば、機械の修理工だとか、プログラマーだとかは
それでいいと思うんですよ。
俺だって、修理に関して深く聞きはしない。


でもね。
病気ってのは「痛み」が伴うんですわ。あんたら知らんと思うけど。
学問上「痛み」があることを知っていても、いま痛いのはおれやんけ!!
人の態度見て「たいして痛くない」ってのは本当に勝手な判断だと思うし
20年この痛みに耐えてきたから、平気な顔してるけれども
10代の頃の初期の、痛みに馴れてない俺が聞いたなら
痛みの苦しさもあって、目の前の人の首締めてますからね俺。
激痛で家具を蹴っ飛ばして、ぶっ壊しましたから実際。あんたらが「たいしたことない」って言った痛みで。


いろいろな処置に関してもそうで
注射でも刺す時は「刺しますよ」って言うじゃないですか。
それ以外の処置でも、一声かけるってのを当然のようにやってもらいたいわけですよ。


まぁ、なにが言いたいかっていうと



お前らが便が出たら見せろって言ったんだから
せめて「確認しました」の一言を、患者に言ってから流せよこの野郎って事です。

人の便みて、無言で流す奴がいるかこのやろう。
どんだけ恥ずかしいのを我慢して見せてると思ってんだ。
(病院全部が悪いわけじゃないけど、一部そういう人がいると嫌になるよねって話)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。