読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入院時の薬のトラブル怖い

病気に関して


お薬手帳と、薬を持ち込んで入院したのだけど
いわゆる定期的に飲む薬はともかく
頓服薬まで病院が持って行ってしまった。

そりゃ飲み合わせとか、色々とあるのは分かるんだけど
こっちとしては、こっちの判断で薬を飲ませて欲しいわけで・・・

特に私の場合
・痛み止め(ロキソニン
・四肢の痺れ止め(テグレトール
を医師から自分の判断で・・・
と言われて渡されているわけだから
薬の飲み合わせが悪くなければ
こっちの判断で飲めるようにしてほしいんだよね・・・



深夜、隣のベッドのお爺さんが大騒ぎをしだして
夜の薬が足りないって言い出した。
看護師は「いいえ、これであってます」って言うんだけど
お爺さんも引かない。
薬がないと寝れないんだって騒ぐ。

看護師は「絶対にこれであってます」って言い切る。

・・・・・・

そりゃ医者や看護師、薬剤師が医薬品に対して、どれだけ慎重になってるか知ってるから
強い自信があるのも分かるけどさ。

それでも、稀に医薬品の処方ミスは起こっているんだよね。
ちゃんと医療白書だかに載ってるんだから。
それをなんで「絶対に正しい」って言い切れるの?
その書類が間違ってるかもよ?

隣の爺さんがうるさいんで、擁護したくはないんだけども
それでも薬がなくて眠れないってのは・・・どうにも気の毒な感じ。


今後、病院に入院する時は
医者なんて信じずに、頓服薬は病院管理用と自分用を勝手に持ち込んで
自分で管理しようと思ったしだい。
もちろん、本当はいけないんだろうけどさ


苦しいの、看護師や医者じゃなくて
患者の俺たちなんだからね。
それをわかってほしいなぁ。




あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。