読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者だから利益が出せない、給与が安い・・・は大きな間違いだと思う。

こういう事例を見ると、とても悲しくなる。



知的障害×自閉症×支援力UPプロジェクト!

障害者が作った商品だから売れないのではない!
http://ameblo.jp/teamaoi2003/entry-11852490797.html


視覚障がい者が、編み物をして販売していたが
それの価格が非常に安く、材料費をねん出するのも厳しいとの事。

そしてその障がい者本人の言葉

>>「障害者が作った商品なので、高いと売れないんです」

そしてブログ主の福祉屋あおいさんは言う。

>>物が売れないのは作成している方(障がい者)ではなく
それをプロデュースしている支援者の側の販売スキルの課題である

という。


全く同意見です。


私自身は、障がい者であるかもしれないが
そのような事を一般生活では一切出さないようにしている。
(ブログだから書いているが、おそらくプライベートの私を初見で障がい者だと認識するのは難しいだろう)

それは「障がい者であるから甘えられる」という自分自身へ、強い嫌悪感を持っている
と同時に
障がい者というブランドを一切利用したくないからである。
なぜなら障がい者というブランドは、いわば「低価格ブランド」であり
「優秀な職人」とは全く反比例しているイメージが出来ている。


障がい者だから許して」という言葉は、他の頑張っている障がい者に対して不利に働くし
障がい者=安く使える=商品も安い」という誤解を多くの人の与えてしまっている。
私は何度も書いているように
安い仕事は一切しない主義である。

障がい者のくせに生意気だと思う健常者も多いだろう。
だが、ここではっきり言わせてもらうのは

俺は障がい者かもしれないが、そこらの健常者より仕事は出来るぞ!という事だ
だから人より高い報酬を貰うのは当たり前の事と思ってる。
それを生意気だと思うのなら、それこそ障がい者差別だろう。
俺は断固、仕事の出来ないクズ健常者共と戦い続ける所存である。


これはもう何度も言っている事だし、健常者に対して今後も私は挑発しつづけるだろう。


そうしないと、障がい者はいつまでたっても
「安い賃金で使われる、安い労働力のまま」だからだ。


仕事が出来る障がい者は、高い報酬を要求してもいい。
これを俺ははっきりとみんなに伝えたい。


安い労働力がなくなったら、安い価格の商品が無くなる?
そんな会社は、とっとと潰れちまえ!!
安い商品に群がる貧乏人は失せろ!!



と・・・まぁ厳しい事を書いているのだけど



頑張ってる障がい者を、ちゃんと評価して欲しいのですよ。俺は。
だって・・・さびしいじゃない。障がい者に冷たい国にっぽんなんてさ・・・。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。