読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年はいつから大人になるのか? 少年法改正に関して


少年はいつから大人になるのか?

最近、少年法や選挙権、飲酒年齢引き下げの話が出ていますが

これほど世間一般と、法律家や法学者との意見がズレる事は滅多にありません。


少年法の年齢引き下げには9割が賛成し
飲酒の年齢には6割が反対だそうです。

おそらく世間の反応は
少年法は自己責任、大人の自覚の明確化
飲酒はまだ身体が出来ていない、若い人に酒を呑ますと治安の悪化が心配」
という事なのでしょう。

でもこれは実に身勝手な意見だと、私は思います。

大人の自覚を明確化したいなら、飲酒も容認すべきだし
飲酒を容認出来ないなら、まだ子供扱いしているという事です。


身体は大人だけど、心は少年?ですか?
それなら、やはり少年法を適用すべきです。
なぜなら、少年法は、身体の大きさを理由に大人と少年を区別していないからです。
例えば、身長が170センチあったとしても、小学生は小学生です。
逆に身長が160センチでも大人は大人です。
今の世間は、子供の大きさに目を取られて、その精神の成長を全くみえていません。
子供を子供とし、大人を大人とする。
その年齢を見定めるのが、大人の役目であって、感情的に見た目が大人だからと言って
心も責任も大人にするのは、いかがなものか?


ていうか
身体は大人で、心は子供・・・逆コナンか・・・。

身体は大人で、心は子供で・・・そんな事はあり得ないわけです。
大きさがでかくなっても、子供は子供であり、酒の影響を多大に受けたり、タバコの影響を強く受けたりすれば
それはやはり子供なんじゃないでしょうか?



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。