百日紅が映画になる・・・

杉浦日名子先生の名作、百日紅が映画になるらしい。

1カットも欠番を出さず大好きな原作を映画化した原恵一監督に「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」についてインタビュー
http://gigazine.net/news/20150509-sarusuberi-keiichi-hara-interview/

あまりの衝撃で、ちょっと見たいような見たくないような・・・。

この作品のエピソード「鬼」は個人的にとてもお気に入りな作品で
芝居の話をする時でも必ずこの顛末の話をする。
つまりどんな残酷な話にも「救い」が必要なのだと。
そうしなければ、絵に力のある作品ほど、後始末をしないと
本当に人を殺してしまいかねないのだと・・・。

ギリギリまでエピソードを殺ぎ落として6編に絞ったとの事なので
入れて欲しいような、入れて欲しくないような複雑な心境。
主人公のお栄(アゴ)が美形になったらしく・・・いや美形じゃなくてもよかったような気がするんだが
しかしビジュアルは想定の範囲なので、これでよかったと思う。
太い眉はむしろ江戸っぽい。


先日、たまたま2冊とも見かけて仕入れて読んで、即座に「新品価格」でセット本にして売り払った。
売り払う前は70万のランキングが10万程度。
俺は2冊合わせて新品価格なので、上記の価格は参考にしない方がいいとは思うけど
売るなら今が売り時。

なおマンサンコミックスの1巻は現在、在庫切れとの事。
文庫は手軽でいいけど、出来れば大きな版で読みたいのが心情だよね。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。