早川書房のうすい・・・ヤケ? これってもともとの紙の色じゃないの?

ブログランキングに参加はじめました!応援クリックよろしくお願いします。
早川書房さんの本を買うと
その色はいつもややうっすらとした茶色なのだけど
それを古本屋によっては「薄いヤケ」と表現してるところがある。


でも本を開けると紙の内部まで同一色であり、時期的にもヤケとは思えない。
というか早川さんの本は新品の時から、大半はこの色な気がする。


早川さんの本ってヤケと誤解されてるんじゃないかなぁ・・・
(実際のところは分からない。もしかしたらヤケやすい紙かもしれないから)

個人的には、この色が読みやすくて好きなんだけど
これをヤケと認識されちゃうと・・・きついねぇ。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。