読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30箱の買い取りを全て断った

お客様が急ぐ急ぐというので、17日の予定を15日に切り替えて
買取に向かったところ

その状態の悪さにさすがに驚く。

ブックオフが先にきて抜いて行ったという事は聞いていたが

まず第一に引っ越し用の大型段ボールに
まるで投げ入れるように本が入っており
持ち上げると底が抜ける状態になっている。
(たぶん投げ入れたんだろう)

下手に持ち上げると、大けがをしかねない。
段ボールには取っ手がついていたが、全部潰れている。
しかも3階、エレベーターなし、玄関周辺工事中!!

中の本も黄ばんでいる程度ならいいが、汚染、変形していてとても商品にならない。
このまま全部紙資源に直行せざるを得ない。
さらに本だけなら仕方ない、運ぶか・・・となるが
ビデオテープ(しかも個人録画)や団扇、電線コードなど・・・


うちはゴミ処理業者じゃねぇ!!


お客さんにはっきりと「これは無理です」とお断りする。


私「このようにですね、ビデオテープや電線などが混じってますとですね」
先方「あぁ、そういうのは下にコンビニがあってゴミ袋でも買って」
私「・・・あのですね、うちはゴミ処理業者じゃないんですよ。そういう仕分けなどはうちではできません」

私「あとですね、残念ながら、本が汚染されていたり曲がっていたりで値段が全く付きません」
先方「あぁ、そっちのほうには学会の本とか」
私「(新興)宗教系の本は一切値段が付きかねます(強い口調で)」
(伝統的宗教系の本ならちゃんと値段が付くのですが、一見してそういう本はなかったので)

先方「じゃあどうしたら・・・?」
私「(単純に処理に困っていると判断し)うちでは無理ですが、紙資源業者に依頼してはどうでしょうか。
これだけの量があれば紙資源業者が直接引き取りに来てくれると思いますよ。」
先方「じゃあさっそく連絡してください!!」
私「無理です。うちが連絡するとうちが仲介になりますので問題が発生します。業者の連絡先を教えますのでご自分で連絡してください。」


基本的に、他社が見た後の買い取りの場合
買取内容も当然落ちてくるので、うちではほとんど箱買、まとめ買い対応になるわけですが
ここまで状態も酷いと、コンテナに詰め替えようという気にもならず。

ていうか、なんで自分でやろうと思わないんだ、この人・・・。
うちはあくまでも古本屋であって、ごみ処理業者でも紙資源業者でも仕分け業者でもないので
こういうお客様に対して、そのままゴミを受け取るわけにはいかないわけです。
嫌われるかもしれないけど、うちだってあくまでも商売なので
どうみても商品にならない本を受け取って、お金を渡すわけにはいかないのです。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。