買取「E級品」の処遇について

うちの主な古本のランク分け

A:美品、価格良し、ランク良し
B:価格良し、ランク良
C:価格良し
D:美品、ランク良し(1円本)
E:美品、ランク良し、出品多数(1円本)
F:廃棄orブックオフ

値段が付くのは、ギリギリDまで
EとFに関しては、一切値段がつかない。

AとDはすぐに売れるので、自前発送
BとCは競争が激しいので、FBA発送

Fは紙資源業者かブックオフに流して終りなのだけど・・・




いつも対応に困ってしまうのがE級品

美品だし、ランクは良い
出品者が多すぎて売れないという状況。


状態が悪ければさっさとFに回してしまうのだけど
下手に状態が良いだけに捨てるのもちょっと・・・。

ブックオフに流すか、赤字覚悟でFBAに流して点数を稼ぐという手もあるが
実際の問題として、そういう事に意味があるのか悩んでしまう。
(ほかの古本屋の利益を圧迫するという点に関しては、正直どうでもいいと思っている)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。