宅急便コンパクトを一か月めいいっぱい使ってみた。梱包品質の方が大事。

クロネコヤマトの宅急便コンパクト、長距離になればなるほど安くなるので
http://www.kuronekoyamato.co.jp/compact/
一か月、クロネコメンバー割BIG、デジタル割、持込割を利用して
めいいっぱい使ってみた。


結果



腱鞘炎になりました(苦笑)

最大の原因はデジタル割
ネコピットです。
このネコピットの「お届け先アドレス帳」にひたすら入力する作業。
これが死ぬほど苦痛!!
システム作ったやつ、出てこい!!

一個一個、新規作成で作らなくてはいけなくて
電話番号は入力窓が3つ。

手入力の人の事しか考えてないよね?
こっちは伝票をコピー&ペーストしたいのに、一個ずつ入力とかね・・・手が折れるわ!!

その他も、いちいち苗字と名前を区別したり、入力が無駄に多くなってしまっていて
それをいちいちコピペすると・・・本当に腕がやばくなる。

ゆうパックプリントと比較すると、その疲労度は一目瞭然。
ソフトのゆうパックプリントと、WEBのネコピットを比較してはいけないのは分かるけど・・・。

おそらくネコピットで一件を処理するのに3〜5分ぐらい取られてると思う。
しかも営業所でもラベル打ち出しに時間がかかるので・・・想像以上に時間をとられていると思う。

配送品質が上がるのでお客様のためにと頑張ったが
はっきり言ってオーバースペックだったかもしれない。
だいたい・・・今でも顧客満足度は100%、ここ一年で評価3は1件、評価1,2は0
無理して品質を上げなくても・・・よかったかな


ちなみに、私は定形外、ゆうメールに関しては
ラベルで打ち出しているのだけど

そこは郵便番号、住所、名前だけ打ち出せば済むので15〜30秒で済む。
正直言えば・・・全部、定形外かゆうメールで送りたいぐらいだ。



ちなみに、お客様との交流の中で

「スピードを求めているお客様」と、「それ以外のお客様」とはっきり分かれる事。

スピードを求めているお客様は非常に簡単で、スピードだけ上げればいい。


スピードを求めていないお客様が求めている方は
大半が「梱包品質」を求めているという事が分かった。

梱包品質で最もダメなのが
外箱が破損してしまうほどヤワな梱包

・外箱では
茶封筒が最も弱い。
次に厚紙封筒。
ミカン箱タイプの段ボール
最後に段ボールでもミカン箱以外(強度補強や白段ボール)のタイプ。

・次に内部補強
何も無しというのが一番まずく
次に防水ビニール
プチプチ梱包

・外装として
ただ住所ラベルを張っただけは寂しく
住所ラベル+段ボールに印刷
印刷にカラーが使われていると喜ばれる。


過去には
評価に「外装の印刷を喜ばれた事」もあるほどなので、結構お客様は「そこ」を見ているようだ。
商品に関しては差をつけられないので(古本は状態もあるけど)ここで差をつけるのが大事みたい。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。