読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳が欠損した能力を補完するとはどういう事か?

友人の脳にダメージがあったとき
それでも脳は他の部位を使って欠損した能力を補完したらしい。

脳というのはダメージを受けた場合、ほぼ回復は不可能な不可逆的なものだという事だが
別の部位がそこを補完する事で、なんとか生存を維持できるようになっている。


だが、誤解しないで欲しいのは
それで脳がもとに戻ったわけではないという事だ。


人間の手で簡単に説明しよう。


右手と左手がある。
右手で箸、左手でお茶碗を持とう。これが一般的な作法だろう。

さて、あなたが右手を失ったなら、どうするか?
もう箸を持つ事をやめるだろうか?

いいや、きっとあなたは左手で箸を持とうと努力するだろう。
だって食事が出来なくなるから。


これが脳の欠損の補完と同じ状態だ。


さて



問題はここからだ。

人間は脳を欠損させたとき、その能力を補完できる事は説明した。

では、脳を補完しながら別の能力を維持できるだろうか?
答えはかなり難しいといわざるを得ない。


あなたは右手を失った。この時、左手で箸を持つだろう。
あなたが左手で箸を持っている時
「お茶碗も持ちなさい」
と言われたらどうなるだろうか?


手は一本しかない。
左手で箸を持ちつつ・・・どうやってお茶碗を持つのか?


これが、脳障害が起きている人の、心情である。

こっちの仕事をしながら、この感情を我慢する・・・そういう複雑な事が健常者には出来る。
だが、そういう事が出来なくなるのが脳の障害だと思っていただければ・・・



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。