読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#劇場版MOZU 昭島MOVIXにて観てきました。アクション★5 ストーリー★2 ぐらいかな。 一部のネタバレは後半から 感想

相方と、劇場版MOZUを見てきました。
このドラマはTV放送から相方が見ていて、共通の話題が欲しくて私も見てました。

WOWOW版が始まるという事で、うちにはBS受信機もなかったので
致し方なく・・・ケーブルTV契約をし、さらにWOWOW契約もしました(^_^;)
(閲覧後、残念ながらどちらも契約解除しちゃいましたが)

当初、ドラマを見た時の感想としては
この時代にこんなハードボイルドなアクションが見られるのかと興奮したものです。
ストーリーというか、役者の演技力も凄くて、これはいいなと思ったものです。
脚本がどうなっていくのか・・・とても期待していました。

中盤までのストーリー展開は見事なもので、いわゆるフェイクや適当なタイミングでアクションと謎解きが入ってきて
心地よい感じだったのですが・・・

TBSドラマ版のラストあたりから、アクションがメインになるようになり・・・

WOWOW版ではアクションばかりが目立ってストーリーはどんどん破綻してきたような感じ。
原子力潜水艦を謎のメインにされても・・・。

そこで満を持しての映画公開。
世界の北野武がMOZU最大の謎、ダルマに扮する・・・という事で
なんとも期待が膨らむというか・・・嫌な予感がするというか・・・微妙な気持ちであったものの
もやもやが途切れぬ前に、観ておこうという事になりました。

昭島MOVIX、いつごろ出来たんでしょう?綺麗ですね。
椅子に座り、一番いい席を陣取って・・・平日の昼間とはいえ、ちょっとお客さん少ない気がする・・・。
まだ一週間経ってないのに・・・。


劇場版でも、ハードボイルド感満載です。
タバコ喫煙シーン、何度も話題になってますが・・・私も気になりませんね。なんでそんなに話題になるんでしょう?
あくまでも小道具だと思いますが。
以前より批判が強く、止めてしまった映画も多いのですが、それをあえて使う挑戦的態度は称賛したいです。
映画は映画だから、それでいいじゃないですか。ていうか子供はみるなよPG12なんだから。
(精神的子供も見るなよ、映画って大人の娯楽なんだぜ?)

アクションシーンは本当に圧巻です。
おそらく日本で出来ないからフィリピンをロケ地にして撮影したのかな。
カーアクション、ガン、ナイフ、どれをとっても一級品だなと。

特にカーアクションは、これ日本じゃもう出来ないレベルなんじゃないかと・・・ていうかロケットランチャーとか
高速移動中にぶっぱなすとか、本気でイカれてる。
西島さん殺す気か・・・
(実際、大怪我をしたらしい http://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1021840

新谷和彦(池松壮亮)のアクションもドラマ版と同様に抜群です。
あの動きは本当にアイスピックを常時手にしているとしか思えない動き。
とても素人では出来ない。

高柳 隆市(伊勢谷友介)のナイフも実に巧みだし、みていてほとんど文句のつけようがない。
気になった個所が一点だけあって、松坂さんが散弾銃を後ろに向けて「片手」で打っていたが
あれだけは・・・ありゃどう考えても無理だなと。
たぶん反動で肩が抜ける。拳銃にすべきだ。
弾丸を受けた人間がガラス面を破って吹っ飛ぶような威力の銃を、片手で後ろに向けて、肩を回して打てるわけがない。
それぐらいか。

あとチャオ東 は今回も健在。随所に(無駄に)活躍してくれます。
彼と言う演技派を見れただけでも、この映画の価値がある。
ちょっと・・・やりすぎ(ストーリーに無駄に食い込みすぎ)な感もあるけど・・・。
もう少し離れた位置から見てほしかった。その方が味がある。
特に最後ね・・・そこ手を出しちゃダメだろって事してる。


でもね・・・ストーリーは本当にダメ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ちょっとだけこっからネタバレっぽく書くけど
ただの複線回収のための映画。
しかも話が広がりすぎて複線回収してる時に、人身売買/臓器売買なんて事件を追加した上で
それを最後まで放置とか、ダメだろそれ。臓器売買の事件を最後まで捜査しろよ。
ラスボスが死んで、事件終了とか、それ何の解決にもなってないわ。
ただ「地獄へ落ちろ」「ここが地獄だよ!!」これが言わせたかっただけとちゃうんかい!!
(しかもこの台詞、某漫画ですでに20年以上前に見た事あるし・・・しかも主役と敵役のセリフが逆なだけっていう)


ダルマの謎、ダルマ登場!とかなんとか言っちゃって、結局色んな事がうやむやですわ。
あの痣は結局なんなのさ・・・
ダルマの様々な解説が・・・どう考えても「後付」の設定。
印象操作?存在意識に残った?
ほう、それで誰か納得できましたか?ええ、出来ませんわ俺。
だいたい何の操作してたのさ。

明星さんが「私の記憶と痣の位置、逆でした」って言ってるけど
あの似顔絵かいたの彼女じゃないでしょ?
すげーたくさんの人がダルマを見て、その痣の位置を間違えてるの?

もうさ・・・謎のままでよかったんじゃねぇの、ダルマは?
いらんことするから、不評を買うんだと思うが。




エレナ、誘拐目標の知的障害者の女の子の母親、そもそもなんで
ダルマが彼女を狙っていたと思ったのかさっぱり分からん。
適合者だって事だけどさ・・・それビル吹っ飛ばして、あれだけ注目集めてまでしてやる事かね?
だって相当な数の「ダルマの子」がいるわけだよ。他にも適合者いただろ。

そもそもダルマの子って何さ?全員とやってるわけ?それとも人工授精?

誘拐犯の一人が「おまえたちの子だとは知らなかったんだ、許してくれ」
とか言ってますけど、バーコードのタトゥーがついてるからなの?
それで所有権主張した上で、ほかの犯罪組織と対立してるわけ?無理がない?ていうか無理だと思わない?

それとも、自分たちで「人工授精から培養、利用価値ができるまでの飼育」までやってるわけ?
あの汚い場所で?

んで、ダルマが臓器移植で動けるようになって活動を開始したって事のようだけど・・・正直それがどうしたって印象しかない。

この脱力感が何かって考えると、結局は主人公が得たものは、娘の死の真相だけ
臓器売買グループはおそらく主を失っただけで、別の人間が継承して運営しているだろうし、何の解決にもなってない。
ほんと、何にも解決してないんですよこれ・・・。
これ臓器売買っていう問題を何も理解してないように感じる。
こんな重いテーマもってきて、何の問題提起もできてない・・・そこに不快感すら感じる。
アクションが良いだけに、ますますストーリーの悪さが目立った感じ。


船を吹っ飛ばした直後
シーンが一気にとんで、全く同じ冒頭のシーンと同じような構成、台詞が始まるんですが
これってなんなの?ちゃんと説明してくんない?
あの船のシーンはなんだったの?夢なの?それとも時間が飛んだの?
もしくはあれだけ大怪我しといて何事もなかったかのように帰ってきたの?
顔にちょっとキズ出来ただけ?マジで?不死身なの?


倉木警部は明星さんが誘拐された件について
「あれは身内の犯行だ」と断定し、いきなり隣にいた村西って刑事をボコボコにしたんですが
・・・証拠少なすぎでしょ。
あれで身内だと断定できても、彼が犯人だという決め手が全くない。
たとえ締め上げて証言を取るにしたって、もうちょっと証拠あつめないと
身内なんていっぱいいるんだから・・・。

あと、先のボコボコにされた刑事が後から悪役として反撃に来るんだが
(しかもご都合主義まるだしで本当に犯人だったっていう)
おまえはmozuだ、百舌(mozu)はカッコウという鳥に托卵される鳥の中でも一番多いんだ。
と発言していたが
事実、カッコウは百舌に托卵はするが、mozuを最も多く托卵するという話は聞いた事がない。
他にも多くの鳥に托卵している。
ご都合によって、現在のmozu(新谷)から、新しいmozu(倉木)に無理やり移行させようとしている感じが
非常に印象悪い。
別にこのままでいいじゃないか。
ストーリーはあのmozuの事件から始まっているんだから・・・。


津城警視正・・・あっさり死にすぎ。
いままでのレギュラーメンバーとして活躍しといて、あんだけ怪しい態度だしといて、扱い軽すぎ。
いくらなんでもあれはない。酷い。

雫ちゃんが殺された理由・・・あれもないわ。
仮にも千尋さんが反抗的な態度を見せていたならともかく、あそこまで従順な姿勢をみせている相手に
わざわざ釘をさすように殺す意味なんてあったのか?
それやったら逆に反撃/反抗してくる可能性とか考えないわけ?
しかもそれを倉木警部に分かるようにバスタブに血で絵をかいて・・・あれ犬神家のパロディか?視聴者をバカにしてるん?
バスタブで「くの字」に沈んでいたんだから、素直にそう記せばいいだけでしょ。
お笑いかと思ったわ。

モズを真似る手口、それシーズン2でもやったよね。
なに同じドラマ内で二番煎じとか・・・ドン引きだわ・・・。
シーズン2では殺害方法だけだったのが、今回は女装もしてるから許される・・・とでも思ったのか。



いっぱいいっぱいでしたわ。あまりにも雑すぎる。



なんか、相方がこの一番右のアイスピックを劇場で購入してました。
劇場で直接買えば850円です。わざわざアマゾンで買わなくても・・・(^_^;)



ドラマ版小説は1円本連発(^_^;)これは実写化した小説の宿命なのかなぁ。



墓標なき街は、2015/11/5 十三年ぶり<百舌シリーズ>完全新作長編!


↓マウスを応援リンクに合わせると本音コメント見られます。↓
 ブログランキング応援クリック、イイネの代わりになります。よろしくお願いします。




あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。