読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad mini4 と Kindleの電子書籍利用の比較

iPad mini4を仕事の効率化のために購入しました。
(この記事もiPad miniで全て書いてます)

皆さんが使っているだけあって、さすがに使いやすいです。
みんながこれを選択するわけがよく分かります。
iPhone7がちょうど発売されたので、大きく値下がりしていましたし
ちょうど買い時でしたね。


ついでに、iPhoneKindleiPad miniで
電子書籍の利用を比較しています。

やはり、最も最適なのはiPad miniです。

iPad miniのメリット
・画面が大きい ギリギリ雑誌も見れるレベル
・カラーで見られる。小説は関係ないけど、漫画や雑誌は大きく影響します。
・拡大、縮小、ページめくりが早い。漫画のようにくるくるページめくりする場合は重要です。
・洋書を読む時の辞書、翻訳、音声が充実している。(私は英語が苦手なので、特にここが重要!!)

デメリット
・バッテリーの消耗が非常に激しい。特に電子書籍に特化しているわけではないので重要だよね。
・目が疲れる。特に夜間に暗がりで使うとギラギラしていてキツい。
Kindleの全ての機能に対応しているわけではないようだ。たまにこの端末は対応してないと言われる。
電子書籍だけに利用するには本体が高い。
・カラーでダウンロードすると、データ容量が大きくなる。

Kindle paperwhiteのメリット
・電池の持ちがいい。
・長時間みていても目が痛くない。(ライトの角度が調整されていて、目に直接飛び込んでこない)
・本体が安い。特にプライム会員はさらにクーポンで安くなる。

デメリット
・ページめくり、拡大縮小が使いにくい。
電子書籍以外での使用不可。そのため利用しない時はただのオモリ。
・カラー不可
(カラー機種もありますが電子インクではなく、選択するぐらいなら私はiPadをお勧めします)


iPhoneは、iPadとほぼ同じですが
持ち運びができる点、画面サイズが違うぐらいです。
(それが大きいのですが(^_^;))


利用する書籍タイプによって、どの機種がいいのか比較します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・小説、文学
Kindle
小説類は圧倒的にKindleがいいです。長時間画面を見つめるため、iPadなどはきつい。
また、深夜に暗がりで使う時はiPadや光が直接かおを照らします。
それに対して、Kindleは光が顔に直接あたらず間接照明となりますので
見つめていても苦痛ではありません。
深夜で暗がり、たとえばベッドの中とかで眠れない夜に照明をつけずに読書する・・・なんて使い方はKindleがいいです。
私は、テントや深夜のバスで使った時に感動しましたね。

・雑誌
iPad
雑誌はKindleでは厳しいです。
特に大型雑誌は、画面を拡大する必要が多々あるので動きの緩慢なKindleではストレスフルです。
写真が多いものも適さないです。
私はアウトドアや登山雑誌が好きなのですが、モノクロでは味気ないです(^_^;)


・漫画
iPad iPhone
ページめくりが多くなる漫画では、動作の早いiPadの方が絶対におすすめです。
最近はカラーページの漫画が増えました。
カラー漫画を安く提供できるのは電子書籍の特徴です。
ここはKindleでは勝ち目ないですね。
漫画を読む人は、Kindleではなく絶対にiPadで見るべきだと思います。

・洋書
iPad
翻訳時にカーソル移動の関係で画面が小さいiPhoneは厳しいです。
私はカラーで生き物辞典などを読んでいるんですが、とても楽しいです。
私は英語力が中学生レベルで止まっているので翻訳機能が重要なのですが
翻訳を「音声で読み上げる」機能はKindleでは使えないので、iPadでないと読めません。

・技術書、学術書
Kindle
iPadなどは長時間みると疲労が大きいのと
端末で色々とできる事が、逆に集中するのにも適さないです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は両方買ってしまいましたけども・・・普通は両方買わないと思います(^_^;)
まぁ本が好きなので、両方試していいとこ取り出来るのはいいのですが
出来ればどちらか片方だけにした方がいいと思いますね。
まぁ、大半の人はiPad系でいいと思います。

目を大事にしたい事、深夜にベッドでみる小説はやっぱりKindleがいいですね。
ただKindleの電子インクという技術は、現在までにあまり大きな変化がありません。
Kindleは発表してすぐに買って、3年たって買い替えたのですが・・・思ったほど性能があがってなくてがっかりしました。
付箋機能とか、翻訳はついても、おそらく利用者が本当に欲しいところじゃないと思います。
はっきり言って、最新機種じゃなくても中古で十分な気がします。

例えば、私はカラーインクが出たり、大型の電子書籍端末が出たら買い替えるかもしれませんが
普通に利用していたら、壊れるまでこのまま使うんじゃないかなぁ。


↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらにバーナー画像をクリックすると、アマゾンへ移動します。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。