読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽天市場の具体的な問題点、いくつか 出品者目線 ★★★★「まだ届いていませんが、楽しみです」の仕組み ◆追記

楽天市場で出品していて大きな問題点をいくつか。


まず、レビュー問題。
アマゾンのレビューはカタログと店舗で別れているのですが
楽天市場においては、店舗が自分たちで独自のカタログを作っているため
レビューは全て店舗のものになります。

このレビューですが、検索順位に大きく影響があり
先にレビューを多く入手した方が検索順位で優位になるようになっています。
つまり先行者優位

これは多少は致し方ない事でしょう。
しかし、このレビューには大きな問題点があります。
レビューの報酬による誤誘導です。
楽天市場においては、購入者にあとからクーポンなどを使って
レビューを求めるサイトが多く存在します。
しかし報酬によってレビューを書かせるのは、ほとんど詐欺行為
しかも、楽天市場では一定の条件をもってレビューに報酬を与える事を
許可している野放し状態です。

楽天市場で見た事ありませんか?
★★★★「まだ届いていませんが、楽しみです」
っていうレビュー(´・_・`)

購入者側から見ると、レビューに信頼性がなく
同じ商品カタログが大量に検索に引っかかるため、どれを選択すればいいか
はっきりいって分かりません。
こういった、ユーザビリティという概念がすっぽり抜け落ちている。


楽天市場にとって、販売者、購入者の両方がお客様という発想であり
どちら側にむいてもいい顔ができるような仕組みになっています。
ここがアマゾンとは大きく違うんですね。
アマゾンでは販売者側はまったく見ていません。
若干、無視されてる感すら感じますが、お客様の利用率を考えると
あのやり方は強引ではありますが、正しいのだろうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第二に、出品者が先行者に対して優位に立つための広告費が
尋常じゃない高さです。
当方ではクリック広告というものをアマゾン、楽天市場ともにコストとして
経常していましたが
楽天市場の方はまったくコストパフォーマンスに欠けるので
今月からやめさせてもらいました。

どちらも4万円を計上したのですが
「広告誘導で売れた」商品が
アマゾンにおいて売上は130万円。
楽天市場においては2万円

売上80倍って・・・

まぁ、はっきりいって、テストとして運用してみたのですが
楽天市場の分は、完璧に舐めてるとしかいいようがない売れ方ですよね。

楽天市場では、クリック広告の中に、キーワード広告と非キーワード広告とあって
バイルとPCでも別れていましたので
効果の高いモバイル広告を、キーワード有無の両方で試してみましたが
どちらも惨敗としかいいようがないですね。

まず1クリックにおけるコストパフォーマンスが全然違います。
アマゾンでは高額なものでも1クリック10円程度ですが
楽天市場ではキーワード付きで80円

この時点で8倍の価格差がありますが
楽天市場では、もともと体感的にアマゾンの10分の1程度しか売れていないという感触がありました。
8×10で80倍、まぁそんなもんでしょう・・・。


楽天市場は・・・いったい何をしたいのでしょう(´・_・`)?
そのうえ、楽天市場に進出してから、営業の電話が爆発的に増えました。
楽天市場のサイトを作らせてくれないか?」
っていう。

聞いてみたら、どうやら楽天市場がショッピングサイトを運営してる
会社をリストにして掲載してるらしい。
何をやってんだ楽天市場・・・。

未だに、古本の販売許可は下りないしね。
今年の始めに再進出したヤフオクは、毎月廃棄する予定だった本だけで
売上は5万円近いです。
これ廃棄する予定だった本だから、運営の手間以外は
ほぼ利益。全部わたしの小遣いです。ええ、その小遣いでiPad mini買いましたもの。

楽天市場ですか・・・これ取引先に、うちは楽天市場にも進出してますって威張れます。
メリット、それだけ・・・。

当分は、このままです。
楽天市場が今後、どう動くのかは、やはりそこにいないと分かりませんから。
でも、ここで利益とろうってのは間違いでしょうね。

ちなみにツイッターのフォロワーさんが
楽天市場では買い物しずらくってポイントだけが貯まっていく」
と話していました。
それを実証するように、楽天市場では数千円の商品を
全額ポイントで購入する方がいらっしゃいます。
ポイントを使い切るために、うちの商品を選択したのか・・・なんかポイントカタログみたいな
販売の仕方ってあまりなぁ・・・という気持ちです。


◆追記:
GIGAZINE Amazonがカスタマーレビューに関する規約を改定、非公式の無償・割引提供を受けたレビューが禁止される
http://gigazine.net/news/20161004-amazon-review-vine-program/
全くの偶然ですが・・・アマゾンから非公式の無償提供、割引提供のレビューが禁止されました。
公式の提供や割引を受けた場合も、レビューに記載する義務があります。

本来はこれが当たり前なのですが、アマゾンがさらに楽天市場に先手をとった感じです。



【応援リンク アマゾン編】
↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらにバーナー画像をクリックすると、アマゾンへ移動します。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。