アマゾンの古本カタログ、カート獲得のアルゴリズムが少し変化したかもしれない。状態絞込チェックボックスが設置されている。

売れなくなった高額本のカタログをチェックしていたら

当方 12000円+送料無料 FBA  状態:可 評価100% 2968件
同業 12800円+257円  自己発送 状態:良い 評価92%  764件


であるにも関わらず、カートを奪われているカタログを発見した。

これはどういう事だろうか?
以前は最安値でFBAであったなら、ほぼ確実にカートを独占できた。
(ただしアマゾンが新品を出していない場合に限定されるが)

ざっと計算してみると、8%は当方が安い。
評価も件数もこちらが上で、外目からはほとんど変化がない。

負けていると思われる点をいくつかピックアップ。


・状態 当方が(可)、相手が(良い)で出展している。
ここが一番あやしい。

・年数 相手方のアマゾンでの年数は把握できないが、一年で24件しか獲得しておらず
700以上の評価を獲得していることから、それなりの年数を経験している可能性がある。
場合によっては当方より長いかもしれない
(ちなみにうちは古本屋参入時にヤフオクが主戦場だった為にアマゾンはかなり出遅れた)

・店舗 アマゾンだけのデータでは分からないが実店舗販売者であった。(可能性は低いが)


以上3点が当方と相手方の比較において負けていると思われる。
可能性としては「状態」が一番の原因だろう。
年数もバカにはできない。店舗があるかないかは、アマゾンがそこまでチェックしてるとは思えないが・・・いちおう記憶しておこうと思う。

以前は状態が何であろうと最安値がカートに来るように設定されていたが
最近、アマゾンが不安定になった時期があり、そこで何かアルゴリズムをいじっていた可能性があるのかもしれない。

ちなみに、絞り込み設定に中古品のリストにコンディションのチェックボックスが出来て

            • -

中古品
□ほぼ新品
□非常に良い
□良い
□可

            • -

こんな感じで並んでいた。可を除外すれば良い以上の商品設定が探せるようになっている。

最近、突然に1円設定で非常に良い状態の商品が売れ出したのだが
もしかしたら、これも影響が出ているのかもしれない。

そりゃ、1円が大量に並んでいれば、非常に良いのチェックボックスにレ点を入れて
可や、良いの本は全部除外するだろう。

アマゾンの進化は早い。
常に対策を取っておかなくては、すぐに置いて行かれてしまう。


【応援リンク アマゾン編】
↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらにバーナー画像をクリックすると、アマゾンへ移動します。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。