28年度の八王子古物商防犯協会 法令講習会 に参加 古物買取票に、電子タブレットの使用が許可されるそうです。

昨日は八王子の古物商防犯協会の講習会でした。

古物商の法令に関する事など勉強になる事が結構あるので
毎年欠かさず出ています。

昨今の窃盗の流行りは、ハイエースなのだそうです。
以前はランクルが流行っていましたよね。
どうやらこれには理由があって
ランクルはロシア方面に出荷されていたようなのです。
雪に強いからのようですね。

最近はアフリカ方面に出荷される事が多いらしく
雪は関係ないのでハイエースが流行りなのだそうです。


毎年みせられるビデオ映像なのですが
去年も見たはずなのに、チェックしていくと
気がつかなかった事が現れます。
もしかして、ちょっとずつ更新してるのかな?と思ったり。

いくつかチェックしていくと

・古物商はフリーマーケットで一般人から仕入れをしてはいけない
という話が出ました。
通常の買取を、出張した会場等でしてはいけない事は以前から知っていましたが
フリーマーケットなどで、普通に購入して販売する事もアウトのような映像でした。
ご注意ください。私は知りませんでした。
(そもそもフリーマーケットにはほとんど行きませんけどね)

それから、買取時の対面での本人確認の方法も増えたようです。
以前は
・対面3通り 非対面8通り
でしたが、新しい改正では
・対面4通り 非対面10通り
となったようです。

私は非対面での買取は一切やっていないので
対面だけをチェックしてきましたが

どうやら対面での本人の場合
これまで書面でのやり取りだったのが
電子タブレットでの筆記による記述が認められたそうです。

間違えてはいけないのは
・キーボード
・ゆびで操作
ではダメだという事です。
あくまでも筆記にてサインや住所記載をしていただくようにとの事です。



ちなみに、私は電子タブレットに上記のペンを使ってます。
字を書くなら、正直これぐらいは必要な気がする。
ゴムの太いペン先だと、字を書くのは厳しい。
あれはボタンを押すのが限界なんじゃないかなぁ?


非対面の場合には、マイナンバー制度が使えるようになるそうです。


【応援リンク アマゾン編】
↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらにバーナー画像をクリックすると、アマゾンへ移動します。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。