読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハテナダイアリーからはてなブログへ移行しました。移行の解説付き

以前からの懸念だったハテナダイアリーからはてなブログへの移行を致しました。

 

help.hatenablog.com

 

移行の方式は、上記リンクにて簡単に説明されているのですが・・・

簡単すぎるにもほどがあるだろ!!

という事で、わたしが直接ためしたものを解説付きで。

 

ハテナダイアリーからブログへの移行の必要性ですが

まずハテナダイアリーは「はてな記法」という特殊な記法にのみ対応しております。

HTMLも全てに対応できているわけではないようで

色んなアイコンやら、新しい技術に対応できておりません。

あくまでも「日記」に特化しているんですよね。

まぁ「新しい技術」という意味ではブログというものが、どこまでツイッターなどの短文ブログ、SNSなどに追いつけるかも疑問ですが・・・。

それと、はてなダイアリーにはアプリがありません。

ブラウザを使って更新すれば良いのですが、アプリの安定性には勝てません。

やはりアプリがあるのとないのでは、使い勝手は大きく変わってきます。

アプリを使うためにはてなブログに移行したといっても過言ではないかな?

  

【精米】新潟県産 白米 こしひかり 5kg 28年産

【精米】新潟県産 白米 こしひかり 5kg 28年産

 

 

まず上記リンクにあるようにブログの開設をするのですが

その前に、今のダイアリーの方のヘッダー、フッターの内容をメモ帳などに保存してください。

ブログへ移行してしまうと、ありがたい事に記事のリダイレクトが行われます。

はてなダイアリーの記事にアクセスしたときに、対応するはてなブログの記事に自動的に移動

ところが、これが原因で元のダイアリーへのアクセスが難しくなってしまいます。

(行けないという事はないのですが、元のダイアリー記事リンクは全部ブログリンクへ飛ばされます)

あと、ダイアリープラスという有料サービスに加入している場合は、はずしておいた方が得策かもしれません。

ダイアリーで有料サービスに加入していても

ハテナブログの有料サービス、ハテナブログproは移行した段階で未加入状態になります。

なんとなく腑に落ちません(´・ω・`)

それと、ダイアリープラスの料金は月額267円ですが、ブログプラスは安くても600円(2年縛り有)からです。しかも期間分全額先払いです。注意してください。

(なんか納得いかないねぇ(-_-))

うちでは以前ダイアリープラスを使っていましたけど、広告カット以外はあまり役に立っておらず・・・とりあえず見送って様子見します。

 

それと、ダイアリーでブログデザインに使っていた画像類は再度必要になるので

もう一度用意するか、ブログからダウンロードしておいた方がいいでしょう。

 

んで、こっから本題いきます。

f:id:hironobu35-802:20170101062045p:plain

管理画面の左サイド、上記画像のここからクリックしてはてなブログをはじめるをクリック。

ブログのURLを決定してブログを作成したら

今度は「ハテナブログ」側の設定画面→左サイドバーのインポートをクリック

f:id:hironobu35-802:20170101062832p:plain

すると、この画面になります。

この画面から右下の「インポート設定」を押すと

 

f:id:hironobu35-802:20170101063104j:plain

この画面に進みます。

「確認画面に進む」を押すと

f:id:hironobu35-802:20170101063854j:plain

この画面に移行

完了すると

f:id:hironobu35-802:20170101063920j:plain

この画面へ。

次ははてなブックマークを移行する」を押します。

 

完了すると下記画像に移動するので

f:id:hironobu35-802:20170101063838j:plain

最後に記事のリダイレクトを押して完了です。

 

ただし、デザインなどは真っ白な状態です。

元のデザインに戻せるというわけではなさそうなので

一からデザインをやり直す必要がありそうです。

 

 

 

↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓ さらにバーナー画像をクリックすると、アマゾンへ移動します。

 



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。