中小小売企業が販売に悩むと、一度は独自商品開発に進む。が、成功した例は少ない。

ネット販売をやっていてもそうだし
通常の小売店舗でもよく聞くのが

独自商品の開発。


とても甘美な響きだ。
自分たちがメーカーになり、自分たちが販売する事で
最小のコストで最大の利益が得られる。

そう誰でも考えるだろう。
私もそれは何度も考えたし、試した事だってある。
また、独自開発した中小企業の商品を仕入れて販売した事もある。

だが、どれも失敗した。

なぜか?
理由は簡単な事だ。

まず開発コストを甘く見積もりすぎ。
独自商品、特に大掛かりな商品作るには、想像以上に費用がかかる。
数百万から数千万、億超えもある。
かと言って、安く作れる簡単な製品は
あまりにも競合が多いです。
イデアで補填したとしても簡易な製品は今の時代
あっさりコピーされて終わってしまいます。



・安い素材、小さな商品で
・アイデアがあり
・それなりの技術力が必要になる
製品を作る事は
相当な才能が必要になってきます。
これをクリアしなくては中小企業が独自商品を出してヒットさせるのは難しいでしょう。

おそらく一人では無理です。
最低でも5人以上のグループで役割分担をする必要があると思うのです。


そして、次の問題の方がもっと重要になります。
それは「どうやって宣伝するか」です。
うちにも独自商品を何点か持っていますが
はっきりいって
「独自商品の宣伝費」の方が高くついています。

よほど上手くやらないと、どんないい商品でも
宣伝もしないで、バンバン売れるなんて事はありえません。
宣伝方法を工夫していかないと
作るだけ作って開発費だけで終わってしまいます。




でもね。
俺もまだ諦めているわけじゃないですよ。
安い素材、アイデア、技術力、そして宣伝方法
これが揃えば、売れるものは作れると思うんですよね。

一人では無理でも、プロデュース方式で
資金も周囲にアイデアを聞いてもらって
一人ではなく複数で出すというやり方で進めていけば
きっと何かが出来るのではないかな?と思ってます。

まぁ、急がずゆっくりと進めていきます。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。