読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古本屋 店頭販売はもう難しいのか 人件費と効率

次々と古本屋の店舗が廃業に追い込まれています。



その一旦は間違いなくAmazonであり
私もそこで販売している事に
正直いって嫌悪感があります。

しかし古本屋が全部なくなってしまうかというと
そうでもないようで
一番重要なのは需要が何処にあるか?という事なんですよね。
店舗販売ではなく、通販という形であったとしても
古本屋が残る事が重要なんだと思っています。
その為には何が重要なのかを考えると

もっとも大事なのは仕入れです。
買取があるかどうか、これが古本屋を維持していくのに
本当の肝だと思うんです。
そして、この買取はチラシを配っていてよく思うのですが

まだ眠っている需要が沢山あるんです。
今はまだ、必死で掘り起こしている段階ですが
まだまだ何処に眠っているのか分からないぐらいです。
出張買取へ行くと
お客様がよく



「何処へ持っていけばいいか分からなかった」
と言われます。
ブックオフなどが近くにあれば・・・とも思うのですが
私のお客様の多くは年配です。
車がないと運べない、車があっても階段が、エレベーターが・・・
パソコンで調べられる能力もない
そういう人がまだまだ沢山いるんです。

うちの広告は、おもに集合住宅のポスティング
タウンページ、住宅地図への広告、古本購入者へのチラシ
ご利用者へのリピーターを期待してのDM

まだ、地元で需要を掘り起こす手段はあるはずです。
色々と試してみます。



新しい需要の掘り起こしが出来ると
その楽しさは最高です。
他の古本屋と仕事を奪い合ったのではなく
捨てられてしまったかもしれない本を救い出した・・・という事が
本好きとして、本当に喜びです。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。