読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凄まじきネット販売業者への偏見 台東区の産業貿易会館

先日、某卸から招待を受けて
展示会に参加してきました。

そこで、他の登山ギア関係とお話ししたのですが


ともかく、ネット販売に対する拒否反応が凄かったです。
ある程度は想定していましたが

あるメーカーの営業さんからは
「ネット販売者は、ほとんどが在庫も持たずに販売する!!」
と断言されてしまいまして・・・

そこの展示会のメーカー、卸すべてが強い拒否反応を示していました。
うちと取引のある業者、しかも特定商品のみゆっくりと話が出来ました。

どんだけ迷惑行為してんだ、このネット販売業界は(´・ω・`)

ネット販売業界はまだ未成熟な部分が多く
個人事業主が独断と偏見で
勝手なマイルールを押し付ける事が多いんですよね。
ネット販売業界はまだギルドもなく、最低限のマナーすら教える人がいないので・・・

先のメーカーの話のように
「在庫に無いのに、注文を取る」
「返品、キャンセルを受け付けない」
「注文してから到着までが異常に遅い」
「メールで質問しても返答がない」

こんな当たり前の事が、全く出来ない業者ばかりです。
玉石混交なんですよね。

混乱の時期だからこそ、うちみたいな小さい所が入り込む隙を見つけて、突破してきた部分もありますが
一度ついた偏見を払拭するのは容易ではありません。
以前のITバブル期にIT企業=怪しい業者という扱いだったのと同じ扱いを
今後のネット販売業者も受け続けるでしょう。

元々の商売である古本の仕入れには地域的、物理的な限界があり
壁を破るには新品かつ優良なアイテムを揃えていく事が
絶対必須事項になってくると思います。

卸には「顔と名前だけ覚えてください、いつかご縁があれば是非!」
とお話をさせていただきました。
まるで芸人ですよね( i _ i )

ちなみにネット販売に激しい拒否反応があるので
店舗販売を「見かけだけ」やっている業者もありますが
そこもメーカー、卸は把握しているそうで
小細工で信用を失うような事はやめといたほうがいいと思いますね。


うちは、今後も店頭販売を行う予定は一切なく
むしろ店頭販売と併売する事の方が、よほど問題だと思っています。
在庫の管理がいい加減になり、当然ネット販売の顧客側に迷惑をかける事になりかねません。
お客様はマイナス評価をつけなくっても、実は腹わた煮え繰り返るほどに怒っていると思いますよ。
店頭販売なら、店頭販売専用に在庫は分けるべきだと思います。
まぁ、無理でしょうね。みんな欲の皮が突っ張っていますから。

たぶん小売店は次々と潰れていき
いずれはネット販売に門が開くのではないかと思っていますが
まだしばらくは時間がかかるでしょうね(´・ω・`)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。