しばらく書いていなかったので近況を・・・

相方の体調が昨年の夏ごろより急激に悪化致しまして

 

必死で対策を講じておりました。

 

 

おかげさまで、ほんのちょっとだけ回復の兆しが見えました。

数日前から、お粥を自力で作ったり、おかずを作ったり・・・

まだまだ予断を許しませんが、谷は超えたと思われます。

 

最初は一時的な夏の疲れだと思ったのですが、あれよあれよと落ちていきまして

私も当時は法人化するぞ!!なんて息巻いていましたので

相方は自力で回復してくれるものだと高をくくっておりました。

一週間や二週間動けなくなる事は、わたしも良くあったものですから

そういう時期なのだと思っていたのですが

10月になっても、11月になっても一向に回復する気配がないどころか

どんどんとヤバイ空気に・・・

 

そこで法人化は諦めて、仕事もセーブして相方の様子をチェックする事にしたのですが

どうもチェックどころではダメだと・・・この落ち方は

根本的に何かが壊れてしまっている気がすると思い

 

相方のお薬手帳を引っ張り出して、一から全部チェックする事にしました。

 

最も体調が良かった時期は2014年1月~2015年7月ごろまで

ここと、現在で大きく変わったのは、二種類の薬が変更されている事

相方にその話をすると、どうやら医師が変更を拒否しているとの事。

 

そこで直接、私がその病院に付き添いで行き、何度かその話をして

薬を変更していただけるようになりました。

 

また、相方の体調不良の大きな根源となっていた不眠に関して

深夜にその動向を録画、録音すると・・・どうも相方が感じている不眠と

実際の睡眠が一致していない事が分かりました。

そこを医師に話すと

逆説性不眠という、全く耳慣れない言葉が出てきました。

どうやら、この病気は日本でもまだ研究がほとんどされていないのですが

実際には寝ているのに、眠った気がしない

(どうやら緊張状態が続く事で、脳の疲れも取れていない)

という事が分かりました。

なんという厄介な・・・私は必死でその病気を調べ、論文を訳したりしたのですが・・・

 

面白い事に「逆説性不眠です」という診断が付いた途端に、相方の睡眠が少しだけ

改善されたようです。

どうやら「眠っていない→このまま死んでしまうのでは?」

という恐怖が、緊張のスパイラルを産んでいたのかもしれません。

 

現在、相方の薬を2種類、変更してもらい

不眠の原因が分かった事で、安心感が出てきたのか

恐怖で震えたり、落ち着きのない言動が少なくなったように思います。

しかし、私の体力も限界であったので

以前から検討していた

家政婦さんに週一だけですが来てもらう事にしました。

掃除・洗濯・炊事をやってもらい、ついでに保存食を作ってもらって

なるべく手作りの料理を食べてもらおうと・・・。

これが想像以上に効果があったように思います。

何せ、私が作れる料理といったら雑炊とかうどんとか

お腹に優しい食べ物ばかりで

相方は胃が丈夫な方なので、こんな病院食みたいなものでは可哀想でした。

(ただし家政婦さんの油っこい料理で、私がダウンしかかったのは内緒です)

 

家政婦雇って、良い身分だな?と思われるかもしれませんけど

財政状況は決して良くないです。

家政婦さんの分も私が働かなくちゃいけないんで・・・。

現状、生活費は全額私が負担してます。

働けない人から、金貰うわけにはいかないんで・・・。

結構きついですよ、財布の中身(苦笑)

 

だらだらと駄文に付きあわせてしまって申し訳ないです。

アマゾンの状況も刻一刻と変化していますよね・・・私が言える事は、頑張って古本屋稼業、生き残りましょうというぐらいです。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。