アマゾンで送料無料の商品の、お客様都合での返品交換時の返金額について

前々から疑問に思っていたので

アマゾンに送料無料で対応している商品について

お客様都合で返品を要求された時の

返金額について確認してみた。

 

通常はお客様都合の場合

配送コストに関しては、お客様持ちというのが基本となっている。

(これはだいたい何処の通販モールも同じ)

しかし送料無料の場合、こちらが負担すべきなのか?それとも実費を差し引けばいいのか

確認してみたところ

 

まぁ想像はついていたが、送料無料の場合は全額返金で対応してくださいとの事。

 

なぜ、いまさらそんな事を確認したのかというと

 

 

アマゾンは今後、書籍の配送に関しても

送料のシステムを自由に組み込めるように

変更していくだろうという予測が立っているからだ。

 

今まで、1円本+送料257円のお客様に関して

お客様都合での返金額は1円となっていた。その上に返送料もお客様持ちとなるので

お客様の側から見れば、1円を返金してもらう為に

わざわざ郵便で送るというようなことはしてこない。

なので、お客様都合での返品は、一定の額の書籍でなければ

まず対応しなくてよかったのだが

 

今後はおそらく、本代金258円・送料無料という形での出品が増えてくるだろう。

そうなると個人で使えるクリックポストなどで164円支払って返送すれば

94円が返ってくる。

 

・・・まさか94円の為に

本を返送してくるお客様なんていないだろう・・・

なんて思っているなら大甘です!!

 

258円を返金して貰いたくて、何の連絡もせずに

本を「ゆうパック」で着払いで送ってくる

そういうお客様だっているわけです。

そりゃ・・・94円欲しさに、送り返してくるよ・・・きっと。

 

 

これ、数が想定できないだけにまだ予測の段階ですが

一回の返金対応でも、結構な人手がとられます。

当然こちらの損失は、94円ぐらいでは済まないわけで・・・。

本当、困るなぁ・・・。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。