Blue bottom 青蝿 劇団東京倶楽部 劇評 稀有なまでに有能な役者が揃った劇団

Blue bottom 青蝿を見てきました。
周囲の意見を聞きますと、「昭和っぽい」と言うコメントがとても多かったが
しかし私には、むしろ現代っぽいなと感じた。

特に、主人公が日本人と韓国人のハーフだと言うことが
非常に現代っぽい。
私の友人にも韓国人は多いが、在日韓国人
在日韓国人同士で結婚するパターンが多い。
在日韓国人と日本人のハーフは、想像以上に少ない。
それはやはり在日韓国人と、日本人の大きな隔壁があるのだろう。
だからこそ主人公は、在日韓国人の仲間からも距離を置かれ
日本人からも距離を置かれる立場にあるのだろう。

その中で物事を解決しようとして
ボクシングの頂点に立つと言う終着点は昭和のドラマっぽいですね。

主人公の父親は失読症と言う症状に侵されている。
文字が読めない、文章が読めないと言うタイプは、実はボクサーには多い。
いわゆるパンチドランカーと言うやつだ。
この脚本家はボクシングと言うものをよく知っているのだろう。
主人公の父親はもともと失読症であったが、あの動きを考えても
普段から喧嘩慣れしていたと言うことなんだろう。

舞台はいわゆる韓国人街、ドヤ街のような場所で
主人公の父親が日本チャンピオン目指しながら倒れていくと言うシーンから始まる。
主人公は当初、子供役をしているのだが
あの強面の顔に見つからないほど、子供役がしっかりと作られていた。
その後は成人男性としてボクサーを目指すわけだが
その一人二役(?)が非常によくできていて、素晴らしい演技力だなと感嘆した。
韓国人街の中にはいろんなタイプの人たちがいて
明らかに中国人であったりオカマであったりする人たちがいた。
その組み合わせが面白く、深刻なドヤ街の環境を明るくさせた。
坂本つとむさんという方が音楽を担当して何度も芝居を一呼吸おかせてくれる
そのタイミングがとても良かった。

在日韓国人の中にはその恵まれない環境から
チンピラやヤクザに、身を落とす者がいる。
私の友人にも1人、そのような人がいて喧嘩っぱやく、とても心配したものだ。
飲み屋でスーツ組に、「在日」と罵倒されて大立ち回りになったときには
たまたま私も隣にいて、椅子を蹴り倒して威嚇したものだ。
むしろ、その時に仲良くなったのかもしれない(^_^;)
若かりし頃の話だ。
話を戻そう。
そんな中で、韓国人街から飛び出そうとする若者がいることを
私はたくさん見てきた。
しかし、在日であることが彼らの職域を狭めてしまうのだ。
肉体労働や飲食店など仕事は大幅に限定されてしまう。
特に朝鮮学校出身の在日は、その出身から在日である事が分かるので
日本では歓迎されなかった。
また彼らも、狭いコミニティーの中で生活していたので
日本人とのコミニケーションが難しいものが少なくなかった。

この作品はそういった在日韓国人の事情が
ものに映し出された稀有な作品であると感じた。

細かい点を話してみよう。
在日韓国人の中で、唯一主人公の母親だけが吃りと言う
不思議な現象が起こっていた。
この舞台の中で、在日韓国人は多数出てくるのに
吃りを発生させているのは彼女だけだ。
おそらく彼女にはそのような病気(脳関係)があるのだろう。
だからこそ父親は彼女のことを天使だと発言したのだと思う。
障害者が天使かどうかは置いておいて
主人公の父親が彼女を奪ったことによって
激怒していることの、非常に大きな要因となっている。
しかし、そのような病気があるからこそ、主人公の父親は彼女に惹かれたのかもしれない。

父親の、大学行かなかったからと言う冗談は
どれほどの人がわかったかな?

主人公の母親の祖母は、親子対立には中立的な立場だが韓国人街の
土地を譲ろうとせず、それもまた争いの一環となっている。
在日韓国人の自分たちの居場所を守ろうとする強い意志は
個人的には充分理解できるのだが、現代においては難しいかもしれないと考えている。
在日韓国人たちのコミニティー自体がやや弱まっているように感じている。

いまどき地上げなんて話が古いと思われるかもしれないが
それは違うと思う。
2020年の東京オリンピック直前になって
不動産価格が高騰し
実際に地上げ屋が動いている。
これはやはり、現代の話なんじゃないかなと私は思う。

チンピラたちの立ち回りについては少し疑問があって
主人公の兄貴分が最後にヤクザに打たれて
倒れ込んだ時、ちょっと個人的には納得がいかなかった。
拳銃で撃たれた時、ヤクザが腰(腹側)に拳銃を押し込んで
ドスで主人公の兄貴を刺しに行ったのだが
仮に私なら、腰にはささない。
ドスのトドメもしない。
そのまま拳銃で頭を吹っ飛ばす。

正面からドスで腹を刺したなら、拳銃を奪われる可能性が高い。
仮に手負いの相手でも、得物を奪われたら命取りになりかねない。
そんな油断しまくりのヤクザがいるだろうか?
逆に、腹を刺されたならその状態のまま固定し、相手の腹を探って拳銃を奪い
コメカミからゼロ距離で相手の頭を撃ち抜く。
今時、腹を刺したぐらいじゃ致命傷にはならない。
江戸時代じゃないんだから。横に薙ぐ必要がある。

ラストシーンなんだが、そのまま韓国の歌を続けて欲しかった。
途中でテーマ曲がHEROになった瞬間、ラグビーでも始まるのかと思ったよ。
いいじゃないか、イムジン河の美しさを称える歌の横で、男たちが殴り合う。
その対比がまたカッコよく見えたと思うのだが。
なんなら韓国語で歌ってもらっても構わなかった。
一度聞いているのだから、曲を聴けば韓国語でもわかったと思う。

ちょっとテーマが多すぎたかもしれない。
ボクシング、在日、ヤクザ、地上げ、八百長問題、政治
個人的には面白かったが、ついて来れた人がどれだけいたのかわからない。
ただ、どの役者の演技力も素晴らしかった。
ボクシングシーン、しっかりと体を作り込んでいて
誰もがボクサーと信じただろう。
今の時代に、あの小さな小劇場で、あれだけの芝居が見られる劇団は
早々には見つからない。
本当は毎公演、毎年の公演みたい位だが、仕事の都合でなかなか…悔しいところだ。
体も弱くなってきてなかなか遠出をした次の日は
体調を崩しがちになってしまっている。良くないなぁ。


どうでもいいんだけど、いつも毎公演で差し入れを何にするか迷っていて困っていて
もし役者の方が見ていてくれたら、1番嬉しかった差し入れ何か教えてください。

買取できなくなった本は、「お引き取り」しなくなったと言う話

古本屋の中には既に、実行している方も多いかと思いますが
最近の本は極端に、値段がつかなくなってます。

なので当店では、買取価格のつかなくなった古本は
引き取らないと言う方針に変更しました。

それによって、お断りになるお客様も当然出てきます。
しかしながら、私はそれでいいと思っています。

すでにブックオフは出張買取で、値段のつかない本は引き取らない方針になっており
うちもそれに追従する形にしました。
そうすることで、ブックオフの後片付けを辞めると言うことです。
多かったんですよね、ブックオフで買い取ってもらえなかった本を
後始末させられることが。

とてもじゃありませんが、うちは無料ごみ処理業者になるつもりはありません。
紙資源業者であっても、個人のところに引き取りに行く時は大抵お金を取ります。

うちが無料で引き取ること自体が、仕事としては
全く割に合わないわけです。
紙資源業者があってもお金を取るわけですから
本来ならお金をもらって引き取る位でないといけないわけです。


先日伺ったお宅は、本棚に4000冊ほどございましたが
買取ができたのは30冊位でした。(買取価格は9000円ほど)

帰りが本当に楽でした。びっくりする位に楽です。

無料でもいいから引き取りたいと言う古本屋は
まだ多く存在すると思いますが
そんなことをしていたらいずれ、大変な量の古本を抱えて破綻することになりますよ。

八王子市中野上町に無人の野菜販売ができていました。

ちょっとドールハウスみたいですね。

ちなみに、私はカブを買いました。
味噌汁で食べたらおいしかったよ。



場所はここ。


本を無料で配ったり、ここに置いておいてもいいそうです。

家にも、いらない本がたくさんあるので
持っていってもらえそうなものなら、ここに置いておいてあげようかな。
捨てちゃうのもったいない本がたくさんあるからね。

風邪薬で医者から出されるPL配合顆粒って風邪に効くわけじゃない

風邪で出されたPL配合顆粒、ふと思って
成分をみてみたら

解熱剤、抗ヒスタミン剤(アレルギー)、無水カフェインで出来ているわけですね。

つまり対処療法でしかないわけだ・・・。
お医者さんが飲みたがらない薬にもリストにのったことがあるけど
なんでかなぁ?と思っていたけど
病気が治るわけではないのなら、飲みたがらないのも仕方ないよね。
医師はタフな人が多いので、対処療法を嫌がる人も多いんだと思う。

虚弱体質な私には必須だけど・・・。

医師が飲まないからと嫌がる人もいるだろうけど
対処療法も治療っちゃ治療だから。

答えの見つからないお客様の要求「おたくからは買わない方がいいのか?」ネット通販の交換対応はメーカー直対応が早い

時々、お客様より

タイトルのように電話でクレームが来ることがあります。

 

基本的に初期不良の時に、メーカーの相談窓口へ誘導すると

そういう言葉を投げかけられますが

お客様が何を期待してそのような事を言っておられるのか、私には分かりかねます。

 

メーカーで直販売の方がいいと思っていらっしゃるのなら

そうして頂いてかまわないし(高いし発送も遅いとは思うけど)

むしろお客様の発言からは「販売店がやれよ」感がビシビシ伝わってくるのですが

うちで初期不良の交換対応をしたとすると

本来は

「お客様」→「メーカー検査」→「交換対応」→「お客様」

となるはずのものが

「お客様」→「販売代理店」→「メーカー検査」→「販売代理店」→「お客様」

という手続きに代わってきます。 約2~3倍の時間がかかります。

個人情報保護法の関係で、顧客データをメーカーへ送る(メーカーから直送してもらう)わけにはいきません。

 

ネット通販で購入したものは、販売代理店を通さずに、直でメーカーへ送った方が早いわけです。

 

そのような事をいつも伝えているわけなんですが

そうなると上記のような話になってくる。

 

正直な話、商品はどこのネットショップで購入しようと偽物でない限りは同じです。

価格と配送サービスぐらいしか差がないわけですが

うちのサービスとしては、スピードが速いというのが差別化になっています。

安くはないと思ってます。

そこに自信があるからこそ商売を続けていられるわけですし

そこにがっかりさせられたのなら、これはもう仕方のない事ですが

初期不良に関しては、これはもう当店でも手の打ちようがなく・・・・・。

 

そこへたたみかけるように

「おたくからは買わない方がいいのか?」

と言われれば

「購入する店はお客様でご判断ください」

 

としか、うちでも言いようがないじゃないですか・・・(´・ω・`)

「絶対うちで買ってください」なんて、おこがましくて言えるわけもない。

うちとしては、精いっぱいの対応を見せているつもりなのですが

ネット通販業者としては、出来ることと出来ない事がありますから・・・。

八王子の繁華街が盛り上がらない要因の一端として・・・

なぜ古くから栄えてきた八王子市の駅前繁華街が、これだけ盛り上がらないのか疑問に思い、土地の取引価格を調べてみました。

特に八王子にとって大きな競合となる立川市と比較して・・・

・八王子市旭町
立川市曙町



駅前繁華街の中心地を確認してみましたが
取引数も取引価格も段違いで立川が有利です。


直近の取引、平成28年の価格だけを取り出してみても
地価公示価格は拮抗してるのに、実際の取引価格は約4倍弱の値段です。
この価格差ではデベロッパーは動かないでしょうね・・・。

ゆうパックのスマホ割、使ってみました。1件だけ送るなら安いかな。

www.post.japanpost.jp

 

ゆうパックスマホ割が、なぜか事業者契約より安くなるっていう

おかしな現象が起こっているので

(おそらく他の通販業者も同じ事が起こってると思いますが)

試しにどんなものか使ってみました。

 

f:id:hironobu35-802:20181004180109j:plain

 

まず価格 上記は60サイズの例です。

すべて東京からの発送です。

 

元々の持ち込み割と比較するとそれほど大差はありませんが

年間10個以上使った後の10%割引ではだいたい120円~175円ほど安くなるっぽいです。

(実際の価格は確認してください)

 

 

ゆうパックアプリをダウンロードしますと

今度はID登録を求められます。そこでクレジットカードの登録も必要になります。

(という事は、クレジットカードのポイントも付くのかな?)

登録が無事に終わりと、利用開始

 

発送先を登録し終わって、カードの支払いが終わると

二次元コードが発行されます。

f:id:hironobu35-802:20181004180518p:plain

 

発行された二次元コードはキャプチャーしないでくださいと表示されますが

一応トラブルと怖いので私はキャプチャーしときます(^_^;)

 

その後、郵便局窓口にて二次元コードを出して伝票を印刷してもらい

発送は完了です。

 

f:id:hironobu35-802:20181004180722j:plain

 

使ってみた感想としては、スマホの入力はいいとして

その後の決算や、二次元バーコード発行がこなれてない。

それとお客様に、伝票番号の通知をしなくていけないんだけどね、数字だけ教えてもらうより

バーコード発行してもらったほうがありがたいんだけどな。

写真で見ればわかるように、数字だけの記載になってしまっているので

いちいち打ち直さないといけない。

一件だけならともかく、複数の発送をどうやって行ったらいいのかがわからない。

集荷はしてくれないし、通販サイトからのデータも読み取ってくれない。

価格は安いのだが、使い勝手がイマイチなのは間違いない。

 

最近聞いたのだが、政府はキャッシュレスのために補助金や消費税の減免等を検討しているらしい。

スマホアプリを使えば、すべてクレジットカード決済になるし

そのための対策なのかもしれないが

アプリをあわてて作った感じがして、あまり利用者の便を考えて作られているようには思えないな。


あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。