歯医者のインプラントって本当に必要だと思います?

うちの地元には、以前からインプラントに力をいれている歯医者があって

いつしかTVCMを打つようになりました。

 

TVCMを打つようになってから、全く行っていないのだけど

そこがともかくインプラント押しで、ことあるごとにインプラントを勧めてくるんですけども

 

顎の骨を削って歯を直接埋め込むわけですよね?

 

 

え?バカなの?

 

と思うのですが、みんなそれを当たり前のように受け入れているわけです。

いや、ちょっとまってよ・・・。

 

だって義足を足の骨に埋め込まないでしょ?

義手を腕の骨に埋め込まないじゃん?

だって顎だよ?アッパーカット食らった時に、骨削ってたら

下手すると砕けるよ?

(そもそも普段からアッパーカットを食らう生活がおかしい)

 

なんで歯だけ「骨に埋め込んでも平気」って思ってるの?

 

 

・・・ダメでしょ。

 

と思ったのですが、私の意見だけだと

ただバカにしてるだけなので、あるお医者さんに確認を取りました。

 

 

 

「ああ~~~・・・・あれね・・・あれはね、見栄えを気にする人がやるんだよ。芸能人とかさ。歯並びは綺麗に見えるからね。一般人?さぁ・・・見栄え以外にメリットあるのかねぇ?」(某内科医談)

 

 

芸能人を目指す人は、インプラントへレッツトライ!(皮肉です)

もう、国産家電にこだわる時代じゃないのかもしれないね。ハイアールの洗濯機を買いました。

洗濯機を買いました。
ハイアールです。メイドインチャイナ。




最近の海外製、特にアジア製品は本当に質が良くなってます。
そして、、、国産の品質が下がってますΣ(゚д゚lll)

東芝は中国のマイディアグループが
シャープは台湾のホンハイが買収し
もはや、日本企業とは言えない状況、、、

Panasonicと、日立だけは日本家電企業の中でも、別格ですが。)


そうでなくても、中の基盤を開ければ
結果的に中身に
メイドインチャイナと記載があるような状況なのですから
中身なんてたいして変わらない。

以前の洗濯機は、亡くなった友人からの貰い物で
やはりハイアールだったんです。
私は見たこともないブランドの洗濯機は自分では買わないので
友人が使ってなかったら、こんな大事な事に気がつかなかったかもしれない。

ハイアールの2009年製が壊れて、修理業者に頼んだところ
ハイアールのメンテナンスが来たのですが
これが本当に対応が良くて驚きました。
そりゃそうだよね。同じ日本人だし。
(補修部品がすでになくて、残念ながら修理は完了できなかったのですが)


本当はPanasonicやシャープの、大型のドラム式の洗濯機が欲しかったんですが
予測しなかった故障だったこと
先日購入したオーダーメイドの布団、新しい事務用PCの予定などあり予算がなく
あと最大の理由は、、、洗濯機のスペースが小さくて置けそうにないって事なんですよね。
小さい部屋ってヤダヤダ(苦笑)
今度引っ越すときは、水周りはもうちょっと余裕をもって
ドラム式洗濯機や、食器洗い乾燥機を置きたいよねぇ。
(食器洗い乾燥機は出始めに買ったんだけど引っ越しで処分しちゃって)
まぁ、次はコインランドリーの近くに引っ越すって手もあるけど。
今のところも、歩いて1分の場所にあったんだけどねコインランドリー。
潰れちゃって、仕方なく洗濯機を置くことに。
(基本的にあまり物を増やしたくない人なので)

ちなみに購入ですがネットで買いました。
急いでたのもあり、設置や運搬など小売業者を比較するのもネットの法が楽なんですね。
面白いことに、
ビックカメラは税抜き価格でさらに設置費用が必要だけど
コジマ電気は税込価格で、設置費用込みなんだよね。
これならコジマで買ったほうがいいかな?
アマゾンも売ってますが、大物家電の設置は別対応なので
自分でできる人はいいけど、面倒に思うならオススメはしないかな。
レビュー数は目安になるから、そこは本当に助かるんだけど。

修理業者の方に、大手小売でオススメは何処かを聞いたところ
1番はケーズ電気、次点はヤマダ、ビッグ、コジマとほぼ同列で
オススメしないのはノジマだそうです。
(あくまでも修理業者の保障を中心に考えたランクだそうです)
ノジマの保障は、電話では受け付けてもらえず
店舗の窓口まで行かないと対応してくれないとの事。
今現在は分かりませんけど、
そういう意図的に保障が受けにくくする対応ってありますよね。
これ店舗の評判悪くするだけだと思うなぁ。


ちなみに余談ですが

相方がソニーは?」と聞いてきて、衝撃を受けました。
たぶんソニーは洗濯機を作ってないんじゃないかな(^∇^)けらけら


作ってたらゴメン

書籍でもマケプレプライム便? アマゾンの規制が厳しく、難しくなってきた。出品停止やアカウント削除も・・・

ブログのデザインをちょこっとだけいじってみた。

 

最近、アマゾンは激しく変化しており

正直、ついていくのが本当に厳しい時代・・・。

 

新品を出品していると、アマゾンから「領収書の提出」を求められたり

するらしい。どうやらメーカーや正規代理店との関係を確認しているようだ。

正式なものを提出できないと、アカウント停止を食らうらしい。

 

ブランドにも、アマゾンと提携のブランドメーカーは正式な商品かどうかの

確認をしてくるようになったらしい。

詳しい事は分からないが、なんらかの正規品コードを発行して確認しているとかなんとか・・・。

 

この辺りは、まぁお客様とアマゾンで偽物販売が横行していたこともあって致し方ないとは思うんだが

 

マケプレプライムの出品者対応のハードルがともかく高い。

全ての注文は2時締め切りの当日発送をクリアしなくてはいけない。

しかもすべてに追跡番号を必要とする。

また、発送方法は「ヤマト・日本郵便」の

・宅急便、宅急便コンパクト、ネコポス

ゆうパックレターパック、クリックポスト

の6種類に限定されている。

 

これはどうやら、配送方法において他のサービスだと遅延が起こる可能性が高い

からだと説明しているようだが・・・。

 

現在、古本販売にはマケプレプライムは適用されていない。

試しに配送方法を変更してみたが、自動的に送料は257円、プライムマーク付与はなかったので

現在でも「書籍の送料固定」は適用されているようだ。

ただし、これは10月下旬ごろに自由化される。

もしかしたらマケプレプライム発送が書籍でも有効になるかもしれない。

うちは基本的にゆうメール発送(特別料金)なので、上記6種類に適合しない。

もしもマケプレプライム便に切り替える場合

クリックポストかネコポスに変更が必要になってくる。

クリックポストは・・・面倒だ。

うちでは注文レポートから封筒印刷まで一連の流れで簡単に出来るようになっているので

WEBで再入力は、大変に手間のかかる作業になる。

ネコポスは・・・クリックポストよりさらに面倒になりそうな予感がする。

たぶん値段もクリックポストより高くつくだろう。

 

マケプレプライム便の優位は、書籍以外の商品で売っているとよく分かる。

だいたい通常発送業務の店舗と比較して

約2割(1000円以下)~3%(1万超え)ほど価格を上げてもカート対抗が出来る。

どうやら価格が上がるほど、割合が少なくなるようだ。

 

しかし500円の本の2割といっても100円程度にしかならない。

そこで、クリックポストの入力の手間が回収できるか?と考えると

ちょっと難しい気がする。

プライム会員外からのお急ぎ便注文」ならば360円が追加で加算されるが

プライム会員からお急ぎ便注文」が来た場合、加算なしで翌日に届ける必要がある。

クリックポストは近郊ならば翌日到着だが、遠方は翌々日となっており

正直、本州以外は、かなり危ない。

となるとレターパックプラス・ライトになる。

これは準速達扱いとなっているので、北海道や九州でも、まず翌日に届けられるはずだ。

しかし・・・これを書籍販売に使ったら、よほど高額な本でもないと赤字になるんじゃないだろうか?

 

うちはとりあえずセット本などゆうパック扱いだけ試しにマケプレプライム便へ変更して

他の書籍は、他店舗がどう動くかの様子見だと思う。

 

ただね・・・変化への対応は大変だけど、変化自体は歓迎だ。

ついてこれない人は、ふるい落とされるだけの事。

親しい同業者にも、アドバイスはするけれども、ダメならダメでやめちまっても仕方ないと思ってる。

無理して傷口を広げる必要はないんだよ・・・。

 

楽天市場の動きは遅い・・・。

アマゾンに対抗できないほど顧客を奪われているのに

なんでアマゾンの動きを無視しているんだろうか?

 

f:id:hironobu35-802:20170924074117j:plain

コンビニの店員さん忙しいのよく分かってるけど

棒アイスのど真ん中を握るのはやめてほしい・・・。

ゴーストライターの増加

古本屋だけじゃなく、新刊本の店員も気づいていながら
大きな声では言えない事だけども

明らかに、ゴーストライターが増えている。と感じている。

特定の誰かとは言わない。
というよりも
人気作家の何割がゴーストライターを使っているのか?
というぐらいに酷い状況なのだ。

小説家だけではない。
健康本に関して

命に関わる損をさせても「表現の自由」なのか 健康本を巡る出版関係者の思い
https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/kenkobon-04?utm_term=.lyqX7DEpKv#.xaNdRpv63X

のように、某書籍はゴーストライターであると告白している。

私は昔、演劇に関わっていたが
そこで脚本を書いている人にも結構な数のゴーストライターが混じっている。
ゴーストライターは忙しい。
舞台の脚本を書いていた人間が、突然に家にこもって
演劇に関わらなくなったら、ゴーストライターをしている可能性がある。

ビジネス本も、実は経済学者や経営者が書いているわけではなく
内容は編集者が考え、本屋に立ち寄る人間が
「喜ぶ」事をタイトルに掲げているだけなのだ。
・ネジ一本から届ける店が勝つ
だとか
・お礼状でリピーターを増やす
だとか
誰でも出来そうな事で、売り上げが増やせるように誤解させる。
こんなもので利益が上がるなら、昔ながらの小売店が潰れていくわけがないのだ。

先日、ある経営者の方の書籍を買取で見せてもらったが
9割以上の本が、価値がない本だった。
1割、値段がつく本は大変に古い本で
「これは創業者が愛読していたんです」と話していた。
意図的に高額に値段がつけた事で
その本の価値を再認識され、一度読み返してから売るか検討しますと話していた。

正直な話、うちでも喉から手が出るほど欲しかったが
こういう本を経営者が読んだ方がいいのだ。


うちはゴーストライターが書いた本
編集者が書いた本には、ほとんど値段はつけない。
5円や10円で買い取ってる本がそうだ。
少しめくれば、すぐに分かる。

そして、そういう本はだいたい1円本になる。
需要と供給のバランスが崩れるから、1円になるのだ。
いちおう仕方がないので取り扱っているが
はっきりいって時間の無駄なので買わない方がいい。


古い本ほど、情報は古いが
的を得ている場合が多い。
また、本のタイトルが地味な方がいい。
重要な事は
刺激的なタイトルではなく、その内容を的確に表現しているか
そして信用できる著者か、増刷されているか、出版社はどこか?


そしてタイトルをみて共感するような本は買ってはいけない
それはあなたの承認欲求を刺激して、正常な判断ができないようにしているのだ。

同じように
「薬を飲まなくてもいい」「医師の言葉は信じるな」なども
回避欲求を刺激しているだけだ。

しかし、このような本は、ただそれだけ。

承認欲求、回避欲求を満たしただけで
あなたに何も教えない、あなたに何も与えない。
そんな本は、買う事が無駄なだけでなく
場合によっては、害悪ですらあるのだ。

気をつけてほしい。

ケーヨーデーツーのオリジナル商品が無くなるらしい

先日、ホームセンターに折りたたみコンテナを購入しに行ったら

デーツーオリジナルは別ブランドへ移行しますというような
記述があって、いつも購入していた折りたたみコンテナが無くなっていた。

今まで、使っていたが
別のコンテナに切り替えなくてはいけない。

耐久性に不満があったが
サイズが文庫本で8列、ハードカバーでも4列が並び
満タンに積んでも重量的に丁度いいものだったので、とても残念だ。

アマゾンで送料無料の商品の、お客様都合での返品交換時の返金額について

前々から疑問に思っていたので

アマゾンに送料無料で対応している商品について

お客様都合で返品を要求された時の

返金額について確認してみた。

 

通常はお客様都合の場合

配送コストに関しては、お客様持ちというのが基本となっている。

(これはだいたい何処の通販モールも同じ)

しかし送料無料の場合、こちらが負担すべきなのか?それとも実費を差し引けばいいのか

確認してみたところ

 

まぁ想像はついていたが、送料無料の場合は全額返金で対応してくださいとの事。

 

なぜ、いまさらそんな事を確認したのかというと

 

 

アマゾンは今後、書籍の配送に関しても

送料のシステムを自由に組み込めるように

変更していくだろうという予測が立っているからだ。

 

今まで、1円本+送料257円のお客様に関して

お客様都合での返金額は1円となっていた。その上に返送料もお客様持ちとなるので

お客様の側から見れば、1円を返金してもらう為に

わざわざ郵便で送るというようなことはしてこない。

なので、お客様都合での返品は、一定の額の書籍でなければ

まず対応しなくてよかったのだが

 

今後はおそらく、本代金258円・送料無料という形での出品が増えてくるだろう。

そうなると個人で使えるクリックポストなどで164円支払って返送すれば

94円が返ってくる。

 

・・・まさか94円の為に

本を返送してくるお客様なんていないだろう・・・

なんて思っているなら大甘です!!

 

258円を返金して貰いたくて、何の連絡もせずに

本を「ゆうパック」で着払いで送ってくる

そういうお客様だっているわけです。

そりゃ・・・94円欲しさに、送り返してくるよ・・・きっと。

 

 

これ、数が想定できないだけにまだ予測の段階ですが

一回の返金対応でも、結構な人手がとられます。

当然こちらの損失は、94円ぐらいでは済まないわけで・・・。

本当、困るなぁ・・・。

鬱病と、高プロラクチン血症、ピル、ドグマチールの関係性はなんだろうか?

 

相方の体調が、ぐんぐんと良くなっている。

 

相方は、以前に婦人科系の薬で体調を崩し

去年の夏から寝たきりに近い状態になっていた。

そこで「うつ」が酷くなり、起き上がる事も出来ず、医師に相談するも

婦人科の薬はなかなか変更にならなかった。

別の医師から食欲増進の為にドグマチールが処方される。

 

2月後半に婦人科の薬がピルに変更される。

婦人科の薬が変更になったのは、私が直接、診察に同席し

繰り返し交渉した結果だった。

医師と言うのも人間で、患者と一対一よりも家族が同席した方が

より慎重に対応してくれるだろうという判断だ。

 

2月の後半に婦人科の薬が変更になり、一時体調が回復したように思えたのだが

その後に再度、悪化。

この時、血液検査をしている。

 

7/13 プロラクチンが180(平常値6.12~30.54)という数字を出している事が分かる。

「2月の血液検査」が、なぜ7月に?と思うかもしれないが

どうやら前回の診察の時に、説明するのを忘れていた疑いがある。

まぁ、そこはもう深く突っ込まない。

婦人科の医師の説明では「脳の下垂体に異常があるかもしれないから、別の医師に確認を・・・」

という事で、別の医師に8/7に相談したところ

ドグマチールの影響かもしれない」との事で、ただちに中止。

 

8/10にやや調子が戻ったのが確認される。

8/14に血液検査でプロラクチンが26.2、正常範囲内に戻っている事が確認される。

相方の体調は、非常によくなり、自分で近くのスーパーまで歩いて行けるようになる。

ドグマチールを中止した事での食欲の減退はない。

 

8月中旬より、リハビリを開始、同時に自宅で夜だけ食事が作れるようになる。

8月後半には

八王子から表参道の病院まで電車などを使い、自力で通院。

現在はうつ症状が落ち、安定している。

一年、寝たきりになった代償は大きく、筋肉量は減少し、脂肪は増加しているので

しばらくリハビリを続ける必要がある。

また、精神・体調回復傾向の兆しが見えたので、それに伴う減薬の調整を行う予定。

 

 

時系列で説明すると

 

2016.7 体調が崩れる 婦人科の薬ディナゲストの影響と推定

2017.2 食欲不振の為、ドグマチール開始

2017.2 ピルに変更 血液検査

・この間、一瞬だけ体調回復の兆しが見えたものの、すぐに悪化

2017.7 プロラクチンの値が、2月に増大していた事が判明

2017.8.7 ドグマチール中止

2017.8.10 回復傾向が確認

2017.8.14 プロラクチンの値が正常値に戻っている事を確認

2017.9.08(本日) 精神的な回復・安定を維持している。

 

なお、専門家に確認したのですが

プロラクチン増大でうつ病というのは、聞いた事がないが

現実に起こった事実と、体調不良などが精神に与える影響は有りうるとし

今後の課題となるようだ。

 

正直な話、婦人科医師の、プロラクチンの報告がもう少し早ければ

3か月は対応が早く取れただろうに・・・と思うが、過去の恨み節を訴えても仕方がない。

今後、もう少し確実に情報を頂きたいものだ(´・ω・`)

 

今から、相方は医師の指導の下で、リハビリを行いながら

減薬を少しずつ少しずつ行う予定だ。

全てを無くすことは難しいが、多少でも薬が減れば

身体への負担も小さくなるし、嬉しい事だ。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。