読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも私自身が低血糖症になってる可能性あり。

病気に関して

どうやら私は知らないうちに低血糖症になっていたようだ。

ときどき指の震えが現れて、目眩がする。
甘いものを食べると15分程度で回復する。

調べたら低血糖症に一致した。
今度、かかりつけ医に確認してもらおうと思ってる。
どうやら、糖分を一気に取って回復する手法はよくないらしい。

食事療法になるのだろうか。

古本屋 店頭販売はもう難しいのか 人件費と効率

#古本

次々と古本屋の店舗が廃業に追い込まれています。



その一旦は間違いなくAmazonであり
私もそこで販売している事に
正直いって嫌悪感があります。

しかし古本屋が全部なくなってしまうかというと
そうでもないようで
一番重要なのは需要が何処にあるか?という事なんですよね。
店舗販売ではなく、通販という形であったとしても
古本屋が残る事が重要なんだと思っています。
その為には何が重要なのかを考えると

もっとも大事なのは仕入れです。
買取があるかどうか、これが古本屋を維持していくのに
本当の肝だと思うんです。
そして、この買取はチラシを配っていてよく思うのですが

まだ眠っている需要が沢山あるんです。
今はまだ、必死で掘り起こしている段階ですが
まだまだ何処に眠っているのか分からないぐらいです。
出張買取へ行くと
お客様がよく



「何処へ持っていけばいいか分からなかった」
と言われます。
ブックオフなどが近くにあれば・・・とも思うのですが
私のお客様の多くは年配です。
車がないと運べない、車があっても階段が、エレベーターが・・・
パソコンで調べられる能力もない
そういう人がまだまだ沢山いるんです。

うちの広告は、おもに集合住宅のポスティング
タウンページ、住宅地図への広告、古本購入者へのチラシ
ご利用者へのリピーターを期待してのDM

まだ、地元で需要を掘り起こす手段はあるはずです。
色々と試してみます。



新しい需要の掘り起こしが出来ると
その楽しさは最高です。
他の古本屋と仕事を奪い合ったのではなく
捨てられてしまったかもしれない本を救い出した・・・という事が
本好きとして、本当に喜びです。

夜から朝になる直前の一瞬

撮影
iPhone se AM6:30ごろ
場所 東京都昭島市 住宅街から昭和公園の方向

たまたまチラシ配りをしていて
見かけた空。

いつも、朝方は空を見るのが好きです。

夜から朝になる、この一瞬だけが
本当の気持ちをみせてくれているような気がします。

中小小売企業が販売に悩むと、一度は独自商品開発に進む。が、成功した例は少ない。

ネット販売運営

ネット販売をやっていてもそうだし
通常の小売店舗でもよく聞くのが

独自商品の開発。


とても甘美な響きだ。
自分たちがメーカーになり、自分たちが販売する事で
最小のコストで最大の利益が得られる。

そう誰でも考えるだろう。
私もそれは何度も考えたし、試した事だってある。
また、独自開発した中小企業の商品を仕入れて販売した事もある。

だが、どれも失敗した。

なぜか?
理由は簡単な事だ。

まず開発コストを甘く見積もりすぎ。
独自商品、特に大掛かりな商品作るには、想像以上に費用がかかる。
数百万から数千万、億超えもある。
かと言って、安く作れる簡単な製品は
あまりにも競合が多いです。
イデアで補填したとしても簡易な製品は今の時代
あっさりコピーされて終わってしまいます。



・安い素材、小さな商品で
・アイデアがあり
・それなりの技術力が必要になる
製品を作る事は
相当な才能が必要になってきます。
これをクリアしなくては中小企業が独自商品を出してヒットさせるのは難しいでしょう。

おそらく一人では無理です。
最低でも5人以上のグループで役割分担をする必要があると思うのです。


そして、次の問題の方がもっと重要になります。
それは「どうやって宣伝するか」です。
うちにも独自商品を何点か持っていますが
はっきりいって
「独自商品の宣伝費」の方が高くついています。

よほど上手くやらないと、どんないい商品でも
宣伝もしないで、バンバン売れるなんて事はありえません。
宣伝方法を工夫していかないと
作るだけ作って開発費だけで終わってしまいます。




でもね。
俺もまだ諦めているわけじゃないですよ。
安い素材、アイデア、技術力、そして宣伝方法
これが揃えば、売れるものは作れると思うんですよね。

一人では無理でも、プロデュース方式で
資金も周囲にアイデアを聞いてもらって
一人ではなく複数で出すというやり方で進めていけば
きっと何かが出来るのではないかな?と思ってます。

まぁ、急がずゆっくりと進めていきます。

ネット上で議論は無理があると私は考えている

はてなダイアリーはてなブログに移してしばらく経ちますが
コメント欄はそのまま承認済とさせていただきます。

承認するかしないかは、あくまでも私の気分次第と言うことで
基本的には私に対してのメッセージと思って使ってください。
多分公開することが少ないです。

あと、よくブログやSNSで議論をふっかけてくる方がいますが
私はインターネットで議論することが大変時間の無駄だと思っているので
基本的にお断りいたします。



インターネットでのやりとりは1投稿につき1やりとりしかできません。
一般的な議論の時間を考えれば、インターネットで議論のやり取りする事は
全くの時間の無駄です。
私の持論に不満がお持ちの方は、このブログを閉じてください。
基本的に、すべての方に理解できるような
そのような書き方はしておりません。
すべての方に理解してほしいとも思っておりません。
コメントで長々と持論を並べ立てる方がいますが、ご自分のブログでやってください

読みません。

ニュース記事「赤身肉が腸の病気に関連か?」憩室炎に影響か?

病気に関して

www.afpbb.com



魚肉、鶏肉はいいらしい。
確かに私の憩室炎が悪化したのは牛肉が増えたような気がする。
私は元々、刺身寿司が好きで一人暮らしの時はそればかり食べている。
2人暮らしになってくる牛肉が非常に増えた気がする。

問題の一環として、周囲にまともな魚屋がないと言うのは大きなぁ。
相方の料理は、近所のドラッグストアの小さな生鮮生肉コーナーを活用しているので
どうしてもそこの食材にとらわれがちになっている気がする。

なるほどそれならドラッグストアが
新鮮な魚を置いてくれれば解決だ!
もはや薬屋でも何でもないけど。




あと、鎮痛消炎剤もいけないらしい。
これは以前から言われていたことみたいだ。
私自身も、かかりつけ医に言われたことがある。
気になる方は注意してほしい。

もともと腹痛に頭痛薬は使わないほうがいいと聞いたこともある。
鎮痛薬は胃を荒らすと、よく言うので本当に注意してほしい。

今回、私が法人化を諦めた理由 個人事業主で居続けるメリット

ネット販売運営

昨年、うちは法人化をいったん凍結いたしました。
正直、問題なくできると思っていたので、会社名も決めていてスムーズに済むと思っていたので、かなりの衝撃でした。



うちが法人化にしようと思った最大の理由は信用が欲しかったからなんですが
その為のデメリットが大きすぎるという事で、保留・再検討になりました。
信用とは

・メーカー、卸会社との契約のスムーズさを狙って
・銀行の融資を引き出す事
の2点が重要だったのですが
特に、メーカーとの契約が個人事業主だとなかなか進まないと言うのは
本当に厳しいところで、どうにかしたいと思っていました。
そこを上回るデメリットがあるという事です。

まず、最大懸念は事業の固定化です。
法人化する時に事業を固定しなくてはいけません。
先に登記で記載した事以外の事業が出来ないのです。
これは結構な重荷でして、登記の変更をすれば問題ないのですが
これだけ世界の移り変わりが激しい時代に「登記の変更なんかしてる場合じゃない」という事が往々にしておこります。
登記などの様々な手続きは、実は業務において結構な負担になります。
新しい事業始める時、足かせになるものはなるべく外しておきたいのです。



それから法人化と言うのは何なのかを考えると
そもそも1人2人で仕事をするのに法人化は適さないと思います。
法人化とは読んで字のごとく、法律が認めた人と言うことです。
人ではない組織に対して、法律と同じ権限を与えるのが
法人です。
一人で仕事をするのなら、法人化はただの名目であり
株式会社、と言う名前以外のメリットはほとんどありません。
(もちろん、そのメリットが大きいのですが)
事業の規模をもう少し大きくしてから、再検討したほうがいいと思うようになりました。
最低でもあと2〜3人、働く人が必要です。
ひとり社長が多いですが、私はちょっとそれはないかな・・・と思うようになったのです。
(あくまでも個人的にです。現在のひとり社長を揶揄しているわけではありません)



次に固定費です。法人化すると多くの税金がのしかかってきます。
地方税だったり、社会保障費だったり、様々なものがのしかかってきます。
一部で、社会保障費用どうやって逃れるのか、と言う
話題があるようですが絶対にお勧めしません。
税金は1番最初に支払うべきものであり、ここの費用負担を免除してもらいたいようなら
そもそも法人化するべきではありません。
何度も書いておりますが、私は障害のようなものがあり
定期的に激しい頭痛、体調不良起こし、時には入院したりもします。
相方に至っては、現在はほぼ活動不能状態になっており仕事どころか家事もできません。
いつ仕事が止まるかわからない、そんな状況で固定費がかかるのはよくありません。
先に書いたように複数の人間が働けば、業務は止まらなくなるでしょうが
今の状況だと、月に数日は止まってしまい、ときには1ヶ月業務が止まることもあります。
そのような状況下で、固定費を払うのは仕事においても大変危険です。

少し様子を見て、今後の法人化を再検討しようと思っているのですが法人化にこだわらなくても良いのでは?とも思うようになってきました。
自分自身が40歳になるまでに、法人化を済ませたいと言う気持ちがあったんですがどうやら少ない人数で商売を回している方は個人事業に戻している方も増えているようです。
法人成りという言葉がありますが、最近の傾向を「個人成」と呼ぶそうです。



時代の流れが想像以上に早くことが起こったときに素早く展開できることが重要です。
法人化にこだわっていたら、大事なものを見逃してしまう可能性があります。
今の社会も合っていない気がする。
想像以上に規制も厳しい上、今の時代に合わせるのは厳しい気がします。
まぁ、銀行などには理解してもらいにくいでしょうが。(-_-;)
最近は、個人で資金を集める方法もできましたし、銀行にこだわる必要もないのかなと思いました。


それと、下記の記事は法人化を前に再度読み返した、古い起業のための記事です。
gigazine.net
2007年に書かれながら、いまだに私に強い影響を与えています。

特に
ブルーオーシャンなんてどこにもない
■それはロングテールではなくてただのニッチ市場

この2点は、ネット起業で盛んに言われている事に、真っ向から対抗しております。
ぜひ読んでみてください。
目から鱗とか涙とか鼻水が飛び散るかもしれません。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。